ACROS 100Ⅱ cosina voigtlander ultron 40f2sl2s NikonF3

油や煤が染みこんだ壁

向こうは厨房で、人が動き回っていた証し

撮影

向かって左が東にあたり、陽が朧気ながらボワ~と幾分明るくなった時に急いで駈け戻り、露出値を変えて2枚パシャリしたのでした(最初に構えたときは暗くて、撮らずにスルーしている)。

現像

ネガは2枚とも綺麗な仕上がりで、両方をフィルムスキャナーに通したが、露出をよりアンダーにしたこちらのコマが壁の表面を緻密に映し出していた。

僕としては2枚とも露出値にこだわったけど、それでも明るい。

カメラの露出計が壊れたのかな・・最初はそんな風に捉えたけど、現像液のレシピ通りやっちゃうと、総じて明るめに(オーバー目に)仕上がりやすい傾向にあるのかなと今では考えている。

または現像液の温度管理がいい加減、現像時間が長すぎたのかなとも。

あぁ・・「または」じゃなくて、こっちだね、書いてて今思ったよ。

この日、実家からカメラ手にウロウロ動き回った。

生まれた町だから道は全て知っていたけど、周りの建物なんかはほとんど知らないね。ヘ~ッと立ち止まる光景が幾つもあって、それだけ町の様子が様変わりしてたんだ。

10月4日撮影  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前のページ

次のページ

関連記事

  1. 冬 ツグミ

     ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうためな…

  2. 撮って盗られた大岩鏡

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  3. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  4. 山陰は冷たいまま・霜葉

    コナラの幼木でしょうか。陽はとうに昇っているのに山陰は冷たい…

  5. 青い背中

     スズメやムクドリには申し訳ないがカワセミはやはりキレイ。初めてこいつを覧た…

  6. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  7. 透かしホオズキ

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  8. ホタテなキノコ

    これって、ナニ?ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。色…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。