琥珀色の中・鳥屋野潟

今朝、4時42分の鳥屋野潟。

ムンムン蒸し蒸し。

湿度を測ったら相当高い数値を示すんじゃないのと思いましたねぇ。

虫刺され防止のため上下カッパを身につけ、ゴム長履いて、葦原脇にしゃがんでいるせいだと言われれば、そうかもしれませんけど、車から降りた瞬間からモワ~ッときましたから。

こんな朝焼けも偶にあります。

見渡せば全天がボ~と明るくなって、凹面鏡の中にいるような気分。

全てが琥珀色の中です。

写真

実を言えば寝過ごしたのですね(目覚めたのが30分を過ぎていたんだ)。

朝焼けをメインに撮影している方ならとっくに判ってるはず。

こうした色合いになる前はどんなだったか。

ピンク、ピンクでしたね。

それがくすんで黄色くなっていく過程でオレンジになるんだ。

その境目にはなんとか間に合った。

しかし不思議だな。

ここんとこ、人がいない。

俺しかいない・・(上沼橋を歩いている時に車が1台それなりのスペースに滑り込んだ  写真だな・と  それくらいなんだ  最近はギャラリーがいないんだね)。

撮影時間はわずか20分程度でしょうか。

その短い時間でも終了間際に今度は冷たい風を感じたな。

こりゃぁ、ひと雨、くるなって。

RICOH・GRⅢ

雑記

本日、東京で新型コロナウイルス感染者数がまた400を超えた。

そこで思うんだ。

感染者と陽性者数。

この違いはなにって。

一般市井のニュース源はほとんどがテレビか新聞、ラジオでしょ。

原稿書いてる人、アナウンスしている人、どれだけコロナに対する知識があるのかな、医療に対する知識がどれだけあるのかな・・そう感じてならないんだな。

例えば感染者数。

陽性者率・・どうなってんの?

そして感染と陽性・・その違いをどう捉えてるんだろうと。

このブログですけど、例えばFacebookみたいなSNS上に貼り付け、連携共有させないと、読者の目にはとまりませんね。来客がありません。なのにせっせと書き綴るのであります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏草覆う廃船場

バルタンな顔・アブラゼミ

関連記事

  1. みんな霧のなか

    冬場は夕食時、鍋になる時が実に多い。昨日は“豚だし鍋”だった…

  2. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  3. 半ベソかく前の鳥屋野潟

    先月21日に掲載した『半ベソかいた鳥屋野潟』の数分前にリバーサルフィルムで撮…

  4. イシミカワの実

    2015年9月22日(祝)撮影「かわいい!」と近づき、ツルを…

  5. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  6. 露の蝶

     セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。晴れて、気温が下がった…

  7. 6月14日の朝焼け・鳥屋野潟

    写真は先月14日、鳥屋野潟の朝焼け。Facebookの自身の…

  8. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。