モゾモゾ

蝉の幼虫。

僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾと呼んでいる。子供の頃は行動範囲が狭かったせいもあるが、そう呼ぶのが当たり前と思っていた。

やがて毛が生えて大人になり、ちょっと遠出したその地で「モゾモゾ」を「モゾ」と呼んでいることを偶々知って、目が点になったコトを覚えている。

それから更に大人に成長し、モジャモジャな毛が薄くなり、部分的に「毛生え薬もいいかもね」と悟り始めた頃に野外学習の講師のそのまた臨時のまたまた臨時の講師をやることになって、「みなさ~ん、蝉の幼虫、見たことありますよねぇ~。その幼虫、なんと呼んでますかぁ~」と質問したら、大人達はチンプンカンプンで子どもたちだけがワイワイガヤガヤとかなり興奮して騒ぎになったのを覚えている。

僕は意図してそんな質問したわけじゃない。

初めて顔を合わせる親御さんが大勢いたんで何か共通の話題でも作ろうかな・・そんな単純な発想からつい口に出ただけなんだね、だからパネルボードの準備もしていない。

まぁいいや、そしたらね、僕の生まれた場所のすぐ近くでも「モゾ」なんだね。親の転勤で九州から新潟に来たっていう子は想像もしなかった言葉を口にしたんだ。

肝心のその言葉を思い出せないんだね。

記憶にとどまって当たり前なんだけど、あまりにも思考限界を超えたANSWERは、ただ驚いた印象だけ残したまま20年は経過しているのでした。

写真のモゾモゾ・・ニイニイの抜け殻ですな。

小さくて、泥まみれで、そんなに高くない位置で大人になってるし。

「モゾモゾ」とか「モゾ」とか言う呼び名って、その土地での子供の遊ぶ周辺部から生まれたんじゃないかなって思っている。風土と子供の感性が混じり合って。

呼び名にその辺の繋がりを強く感じるのです。

GRⅢ  7月中旬撮影 阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日の出光線

街中の鳥居

関連記事

  1. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  2. カモシカの足跡かも

    2012年4月7日 鷹巣キャンプ場。まだ、積雪40㎝、出入り口は雪の壁。それ…

  3. 寄り添う土筆

    2016年4月16日撮影 新発田市・滝沢 福島潟で『土筆と朝露』を撮影後、滝…

  4. 三光鳥

     前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロチョ…

  5. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  6. 村松浜

    胎内市は村松浜。海上に真っ黒い雲が層を成してて、海面近くがポ…

  7. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  8. ホタテなキノコ

    これって、ナニ?ホタテ貝を朽ちた木の根元にブスッと刺したみたいなヤツ。色…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。