稲穂とノビタキ

過去写真 初掲載
 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます。
でも、なんで”こんな面倒な”渡り”をするのだろう。
わざわざ数千キロも離れた日本という離れ小島にやって来るなんて。
最初から、その場に留まって生活している方が楽だし、危険も少ないし。
その地域が暑くて生活できないのなら、最初からこっちにいれば良いのに。
寒くなって嫌ならもっと進化のスピードを上げていれば、今頃左団扇のはず。
何でだろう。そういう遺伝子は備わっていないのかな。
子供の頃から抱いている疑問だが未だに解せないでいる。
 写真は刈り残された稲穂にとまったノビタキ。
稲を残したのは田の神、自然の恵みに感謝する意味で捧げたのかな?
 里に下り、この夏過ごした山あいに別れを告げているようです。

         新潟県新発田市赤谷  河川沿いの田んぼにて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマトシジミちゃん

時候雑記-7

関連記事

  1. 気まぐれな黄連雀

    「ヤドリギの実を好む」とどこかの本に書いてあったが、これまでヤドリギにやって…

  2. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  3. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮って…

  4. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  5. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

    「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見…

  8. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。