稲穂とノビタキ

過去写真 初掲載
 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます。
でも、なんで”こんな面倒な”渡り”をするのだろう。
わざわざ数千キロも離れた日本という離れ小島にやって来るなんて。
最初から、その場に留まって生活している方が楽だし、危険も少ないし。
その地域が暑くて生活できないのなら、最初からこっちにいれば良いのに。
寒くなって嫌ならもっと進化のスピードを上げていれば、今頃左団扇のはず。
何でだろう。そういう遺伝子は備わっていないのかな。
子供の頃から抱いている疑問だが未だに解せないでいる。
 写真は刈り残された稲穂にとまったノビタキ。
稲を残したのは田の神、自然の恵みに感謝する意味で捧げたのかな?
 里に下り、この夏過ごした山あいに別れを告げているようです。

         新潟県新発田市赤谷  河川沿いの田んぼにて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマトシジミちゃん

時候雑記-7

関連記事

  1. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  4. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。