稲穂とノビタキ

過去写真 初掲載
 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます。
でも、なんで”こんな面倒な”渡り”をするのだろう。
わざわざ数千キロも離れた日本という離れ小島にやって来るなんて。
最初から、その場に留まって生活している方が楽だし、危険も少ないし。
その地域が暑くて生活できないのなら、最初からこっちにいれば良いのに。
寒くなって嫌ならもっと進化のスピードを上げていれば、今頃左団扇のはず。
何でだろう。そういう遺伝子は備わっていないのかな。
子供の頃から抱いている疑問だが未だに解せないでいる。
 写真は刈り残された稲穂にとまったノビタキ。
稲を残したのは田の神、自然の恵みに感謝する意味で捧げたのかな?
 里に下り、この夏過ごした山あいに別れを告げているようです。

         新潟県新発田市赤谷  河川沿いの田んぼにて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤマトシジミちゃん

時候雑記-7

関連記事

  1. 不思議な雪玉

     吹雪の中、無性に撮影に行きたくなった。新潟市内を出て国道49号線を暫く走り…

  2. 長旅終えて・・?

     長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっぱい…

  3. カモシカの足跡かも

    2012年4月7日 鷹巣キャンプ場。まだ、積雪40㎝、出入り口は雪の壁。それ…

  4. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同級生の仲間と二…

  5. 見得を切るハラビロ

    獲物に飛びかかろうとした矢先に僕に見つかってしまったカマキリは新潟市…

  6. 萌える若葉とツツジに包まれる春

    眩しいほどの緑に叫んでしまいました。キャ~とかオォ~とかウリャ~とか。も…

  7. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  8. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。