ヤマトシジミちゃん

2015年8月30日(日)撮影

ヤマトシジミ。小っちゃい。

翅の表はくすんだ青、裏には転々と黒ゴマ。

以前、この場所で日光浴をしている個体を見つけたことがあった。

面白いことに陽が雲で陰ると翅をゆっくり閉じ、明るくなると、また開く。

あの動作は見ていて飽きない。太陽の光加減と連動している。

今日は小雨の中、花びらにとまったシジミちゃんをはじめ、ゲロッ葉の上、イヌビエの枝の上など、多くのシーンを撮影できた。

雨が断続的に降っている間は姿が見えなかったが、小雨になると、いつの間にかあちらこちらで飛び交っていた。

幼虫の食草はカタバミだが、そう言えば小さな黄色い花が地面の至る所で咲いていた。でも、カタバミにしては背丈があるような・・。

写真は野ブドウ(?)の葉にとまって吸水中のところ。

RVP100 100㍉ NikonF5  スポーツ公園自然観察池だよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おどろおどろしい朝焼け

稲穂とノビタキ

関連記事

  1. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  2. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  3. 夜明け終いの頃

    26日の夜明けの始まりは風もなく湖面が染まる雲を映し出していましたが…

  4. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  5. パッチワーク

    「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場…

  6. 冬の青空

    写真は大雪が去った翌13日の午前中、鳥屋野潟公園で撮影した。手前のケヤキを…

  7. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  8. ロウバイ

     横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか園内は私の他、誰一人いません。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。