ヤマトシジミちゃん

2015年8月30日(日)撮影

ヤマトシジミ。小っちゃい。

翅の表はくすんだ青、裏には転々と黒ゴマ。

以前、この場所で日光浴をしている個体を見つけたことがあった。

面白いことに陽が雲で陰ると翅をゆっくり閉じ、明るくなると、また開く。

あの動作は見ていて飽きない。太陽の光加減と連動している。

今日は小雨の中、花びらにとまったシジミちゃんをはじめ、ゲロッ葉の上、イヌビエの枝の上など、多くのシーンを撮影できた。

雨が断続的に降っている間は姿が見えなかったが、小雨になると、いつの間にかあちらこちらで飛び交っていた。

幼虫の食草はカタバミだが、そう言えば小さな黄色い花が地面の至る所で咲いていた。でも、カタバミにしては背丈があるような・・。

写真は野ブドウ(?)の葉にとまって吸水中のところ。

RVP100 100㍉ NikonF5  スポーツ公園自然観察池だよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おどろおどろしい朝焼け

稲穂とノビタキ

関連記事

  1. 鳥屋野潟

    新潟市・鳥屋野潟(上沼橋から) 今日は20日、「もしかすると、朝焼けいいんじ…

  2. 秋色ナナカマドの実

    2015年10月4日(日)撮影今年はナナカマドの実がやたら綺麗に…

  3. 鳥屋野潟・くすむ青

    本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。早めに起きていながら雲が多くて、…

  4. おどろおどろしい朝焼け

    2015年8月25日(火)撮影台風の影響の出始めと終わりは天…

  5. 朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

    ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち…

  6. 寸光

    他人との繋がりに“疲労”を感じる時があります。届いたメールの返事が遅れると…

  7. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づか…

  8. ひとりの時間

    「なんで、こんな色合いの夜明けがはじまるんだ~?」「大気中に含まれる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。