ヤマトシジミちゃん

2015年8月30日(日)撮影

ヤマトシジミ。小っちゃい。

翅の表はくすんだ青、裏には転々と黒ゴマ。

以前、この場所で日光浴をしている個体を見つけたことがあった。

面白いことに陽が雲で陰ると翅をゆっくり閉じ、明るくなると、また開く。

あの動作は見ていて飽きない。太陽の光加減と連動している。

今日は小雨の中、花びらにとまったシジミちゃんをはじめ、ゲロッ葉の上、イヌビエの枝の上など、多くのシーンを撮影できた。

雨が断続的に降っている間は姿が見えなかったが、小雨になると、いつの間にかあちらこちらで飛び交っていた。

幼虫の食草はカタバミだが、そう言えば小さな黄色い花が地面の至る所で咲いていた。でも、カタバミにしては背丈があるような・・。

写真は野ブドウ(?)の葉にとまって吸水中のところ。

RVP100 100㍉ NikonF5  スポーツ公園自然観察池だよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おどろおどろしい朝焼け

稲穂とノビタキ

関連記事

  1. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

  2. 鳥屋野潟・ミルメーク

    まるで、コーヒー牛乳みたいな色合いに染まりました。記憶が確かなら、6月6日…

  3. 細く曲がりくねったパイプ

    RICOH・GRⅢ誰もいない公園。オジさんはこの遊具の前で深く息を吸…

  4. ごく普通の鳥屋野潟

    今年も出勤前の朝焼け撮影が始まった。半年ぶりだ。この間、父が亡くなるなん…

  5. もしかして、大スクープ!・・?

    何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。シジミチョウ…

  6. 雨降り前の鳥屋野潟

    撮影の実際5月6日土曜日、出勤前の朝焼け撮影時に出会えた光景…

  7. 鳥屋野潟の日の出

    RICOH・GRⅡこの写真は今朝なんです。日の出前はそれなりに赤…

  8. ヒメアカタテハの日光浴

    2015年11月22日(日)撮影 小春日和である。風も無く、陽射しは暖か。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。