朝露キラリンチョ

2015年8月中旬撮影
 この種の湿地植物はどれもこれも同じように見え、区別するのが面倒だ。
”菖蒲”(ショウブ)と思うが観察池に架かる木道を両側から覆い隠す勢いだ。
背丈も1㍍はある。葉をかき分け地面近くを覗き込むと太もものような茎。
そこから3,4本の逞しい腕が伸びている。(どこから葉なのだろう)
 菖蒲の外側には”真菰(マコモ)”が群生していて、よく見ると葉先にヤゴ。
これから羽化するのか、それとも殻なのかどっちだろう。
 休日、早朝です。朝陽が差し込んできて、菖蒲がキラキラ輝きます。
葉にはたっぷりの朝露がまとわりついていて、滴も沢山。
 ちょっと遊び半分で、菖蒲の葉に付いた水玉を逆光で狙ってみました。
 RVP100 105㍉ NikonF5 スポーツ公園自然観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

露草色

おどろおどろしい朝焼け

関連記事

  1. 令和の時代・初日の出

    「5月1日の日の出」と言うことで令和の時代一発目の朝日です。「今日も朝焼け…

  2. 黄花とカマキリの卵

    2015年10月12日(祝)撮影 セイタカアワダチソウにカマキリの“卵”がた…

  3. 逆さカマキリ

    家に居るときは大概は床面に対して体が水平になっている。ゴロン…

  4. 燃える帯雲・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ(15/5/2020)久々、ん・・? こんな朝焼けは久…

  5. 鳥屋野潟銀河

    GRⅢ銀河を真横から見るとこんな感じでしょうか。宇宙空間に横とか縦と…

  6. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  7. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  8. みなも輝く一本道

    新潟市・鳥屋野潟「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。