朝露キラリンチョ

2015年8月中旬撮影
 この種の湿地植物はどれもこれも同じように見え、区別するのが面倒だ。
”菖蒲”(ショウブ)と思うが観察池に架かる木道を両側から覆い隠す勢いだ。
背丈も1㍍はある。葉をかき分け地面近くを覗き込むと太もものような茎。
そこから3,4本の逞しい腕が伸びている。(どこから葉なのだろう)
 菖蒲の外側には”真菰(マコモ)”が群生していて、よく見ると葉先にヤゴ。
これから羽化するのか、それとも殻なのかどっちだろう。
 休日、早朝です。朝陽が差し込んできて、菖蒲がキラキラ輝きます。
葉にはたっぷりの朝露がまとわりついていて、滴も沢山。
 ちょっと遊び半分で、菖蒲の葉に付いた水玉を逆光で狙ってみました。
 RVP100 105㍉ NikonF5 スポーツ公園自然観察池にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

露草色

おどろおどろしい朝焼け

関連記事

  1. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  2. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  3. 燃える鳥屋野潟

    写真は10月3日月曜の鳥屋野潟の朝焼けを撮ったもの。4月中旬から再開…

  4. 山茶花・枯れ姿

    12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持…

  5. 盆前・燃えない鳥屋野潟

    盆前に撮っている。こんな雲があれば「かなり燃えたんじゃないの?」と考えるの…

  6. もしかして、大スクープ!・・?

    何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。シジミチョウ…

  7. 令和の時代・初日の出

    「5月1日の日の出」と言うことで令和の時代一発目の朝日です。「今日も朝焼け…

  8. 鳥屋野潟 一瞬のポワ~

    15日の鳥屋野潟の朝焼け。日の出時刻が4時21分になった。夏…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。