母校の桜を見上げてみた

RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市

母校小学校の桜(11日午後2時頃に撮影)。

国道7号線に面したグラウンド脇にあって、今年はピンクの花びらがことのほか盛り上がり、豊潤な香りを放っていました。

僕の小学校時代は半世紀前。

校舎にはその頃の面影が今尚残るけど、こんなところに桜はなかったな。おそらくは、その後の卒業生が記念に植えたのだろう。

国道を車で走っていたら、鮮やかなピンクが飛び込んできた。この日は空が青かったから俄然、際立って見えたのかも知れぬ。

桜の真下に立って見上げると空の奥には太陽があって、眩しくて眩しくて。

その太陽を幹で隠してみたら、花びらのピンクが輝いた。

幹を黒い塊にし、頭の中の血管みたいなのをイメージした。

ファインダーを覗いたまま、太陽を隠した幹を中心に、クルクル体を回し、その血管に血流を感じるようなダイナミックさを探ってみたんだけど。

・・んん~ん・・なんか寂しそうな感じがする・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

静かな朝・豊かな香り:福島潟

華やぐ老い花

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  7. かたつむり・・久しぶり

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。