紋黄蝶になった紋白蝶

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  鳥屋野潟公園 4日撮影

日の出の赤い陽を浴び全てがオレンジ色。

僕の上着も指の爪も腕時計の文字盤も。

周りを見渡せば黄色かった菜の花もオレンジ色だし、見つけておいた紋白蝶もやっぱりオレンジ色に染まっていた。

12日は晴れたが、福島潟では遠く山々の稜線上には雲が覆い被さっていた。

福島潟には朝焼け狙いで早くから乗り込んで、ひたすら雲の掃けるの待ち望んでいたが、日の出の時刻が近づいても雲の消えることはなかった。

それで、周りの菜の花を執拗になめ回して他の被写体を探していたんだ。

菜の花は旺盛に見えても、よくよく見れば花は散りかけているし、中には花が全て無くなって、花茎が骸骨みたいに揺らいでいるものもあった。

紋白蝶は菜の花畑の端にいた。

寒いのか、生まれたばかりなのか、それとも死んじゃったのか、動く気配がない。

それでも花びらをガシッと抱え込んだ姿は生きている証しなのだろうか。

そう考えた。

陽がバァ~と差し込んで、波のように広がっていく。

陽は風を生んで菜の花が微かながら震えだしてきた。

その震えで紋白蝶が目を覚まし(そんなことは無い)、動いて花びらの陰に隠れるんじゃないか・・と、慌ててシャッターを切っていったのでした。

紋白蝶が菜の花と朝の陽で紋黄蝶みたいになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

花と影・エンレイソウ

静かな朝・豊かな香り:福島潟

関連記事

  1. 凍吹雪

    『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。…

  2. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  3. 霞む二王子岳

    二王子岳を撮影した状況登山家の田中 陽希さんが番組「グレートトラバーズ2」…

  4. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  5. 福島潟・夏の想い

    新潟市・福島潟 夏の福島潟はコウホネ、ヒシなど水草が湖面を覆い尽くす勢いがあ…

  6. 日の出前・福島潟

    写真は3日の撮影いよいよ川霧が・・固唾を呑んで見守るも私の居…

  7. 意地悪な雲・福島潟

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、あと…

  8. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。