娘さんの首筋・猩猩袴

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 新発田市 3月28日撮影

この猩猩袴、よく出かける撮影場所の突端にあって、葉が出始めた頃から知っている。いや、毎年同じ場所で花を咲かせているから、馴染みの個体。

うっかり靴底で踏んでしまいそうになるほど、小径寄りに躰を傾けている。

今季は数回このバカマを跨いだ。

それで気が付いたんだ。

躰はせり出してるのに花の向きが逆なんだね。

なぜなんだろう?

陽が昇る方向は花を向けたアチラ側なんだね。

そのせいなのかな。

でも藪とか枝とか色々ごちゃついている。

いっそのこと、小径側に顔を向けた方が髪をなびかせやすいのに。

やっぱり顔が大事なのかも知れない。

だから花茎という背中で花房をガッチリとガードしてるんだ。

根が張った場所が場所だけに小径側に花を向けるとキズが付きやすい。大切な顔は守らねば・・そんな風に思える。

それにしても「うなじ」が色っぽい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

薄桃色の夜明け・福島潟

花と影・エンレイソウ

関連記事

  1. 息を吹き返した終い花

    カキツバタの終い花に黄緑色した命が宿った。風が吹いて右に左に、時に前…

  2. 棘の門

    錆び付いた針の門の前で車を止めた。有刺鉄線の向ではかつて汗して働く労…

  3. ベニスズメじゃないベニスズメ

    こんな表題にしたせいで、ややこしや~。ここでお呼びでないベニ…

  4. この時期、紫と言えば カキツバタ?

    この時期、野山へ出掛けると、身の丈目線で『緑と紫』の取り合わせが絶妙…

  5. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. すぐそこにある春

    写真は3月25日午前10時頃、関川村・鷹巣で撮影したもの。こ…

  7. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  8. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。