娘さんの首筋・猩猩袴

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 新発田市 3月28日撮影

この猩猩袴、よく出かける撮影場所の突端にあって、葉が出始めた頃から知っている。いや、毎年同じ場所で花を咲かせているから、馴染みの個体。

うっかり靴底で踏んでしまいそうになるほど、小径寄りに躰を傾けている。

今季は数回このバカマを跨いだ。

それで気が付いたんだ。

躰はせり出してるのに花の向きが逆なんだね。

なぜなんだろう?

陽が昇る方向は花を向けたアチラ側なんだね。

そのせいなのかな。

でも藪とか枝とか色々ごちゃついている。

いっそのこと、小径側に顔を向けた方が髪をなびかせやすいのに。

やっぱり顔が大事なのかも知れない。

だから花茎という背中で花房をガッチリとガードしてるんだ。

根が張った場所が場所だけに小径側に花を向けるとキズが付きやすい。大切な顔は守らねば・・そんな風に思える。

それにしても「うなじ」が色っぽい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

薄桃色の夜明け・福島潟

花と影・エンレイソウ

関連記事

  1. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  2. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  3. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  4. バカマ の うなじ

    RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s Nikon…

  5. 健気に咲く小花にホロリとなる

    切ないほどパッと花開いてくれていた。寒さのあまり頭を垂れてい…

  6. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  7. 干し鮭

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3ク…

  8. かたくりの花

    今年初めてのカタクリ。ほぼ順光での撮影です。背景は小川の落ち込み口でカ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。