娘さんの首筋・猩猩袴

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 新発田市 3月28日撮影

この猩猩袴、よく出かける撮影場所の突端にあって、葉が出始めた頃から知っている。いや、毎年同じ場所で花を咲かせているから、馴染みの個体。

うっかり靴底で踏んでしまいそうになるほど、小径寄りに躰を傾けている。

今季は数回このバカマを跨いだ。

それで気が付いたんだ。

躰はせり出してるのに花の向きが逆なんだね。

なぜなんだろう?

陽が昇る方向は花を向けたアチラ側なんだね。

そのせいなのかな。

でも藪とか枝とか色々ごちゃついている。

いっそのこと、小径側に顔を向けた方が髪をなびかせやすいのに。

やっぱり顔が大事なのかも知れない。

だから花茎という背中で花房をガッチリとガードしてるんだ。

根が張った場所が場所だけに小径側に花を向けるとキズが付きやすい。大切な顔は守らねば・・そんな風に思える。

それにしても「うなじ」が色っぽい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

薄桃色の夜明け・福島潟

花と影・エンレイソウ

関連記事

  1. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうど…

  2. ジュンサイ摘み

    10日曇天で、風がチョイ気になる中、恒例の『ジュンサイ摘み』が始まった。…

  3. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  4. ハルジオンにヤブキリ?

    花は間違いなくハルジオンだ。花弁が細くごちゃついているし、蕾も下を向いている…

  5. キジ メス

    過去写真 初掲載 カメラ担いで畑の中を歩いていたら、突然、キジの雌が頭をあげ…

  6. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

  7. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  8. 土筆とバッタ

    2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢 民家の裏山、四方が小高い丘に…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。