バカマの素顔

RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング NikonF3  新発田市 3月28日

柔らかな表情をしたショウジョウバカマの写真を撮りたいな・・雨の日、部屋の中で今まで撮り貯めたショウジョウバカマのポジを眺めていてそう思いました。

エッジが立ってゴツゴツした表情のバカマがライトボックスの上に沢山。

なんだかその色合いを強調したいが為に露出値をアンダー気味にしたり、レンズのf値を絞り込んだりしたものが多い。

柔らかく優しく・・そんなバカマが全くない。

それで、頭を柔らかくして撮影に臨んでみた。

けれども、いざ撮影しようとすると、長年の癖が出てきてしまう。

カリカリのピントを得ようとレンズを絞り込む。

明るい陽射しを待ってしまう・・。

明るくなればそれだけシャッタースピードを稼げるから、ある意味、撮影に保険を掛けたくなってしまうのですね。

気持ちの切り替えに踏ん切りが付きません。

時間が掛かります。

写真

ピント位置を雄しべなんですかね、その先端のゴマ頭に持ってきてます。

f値は開放。

接写リングPK-11Aもかましてる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツイン蕗

薄桃色の夜明け・福島潟

関連記事

  1. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  2. トラップ

    トラップに捕まったチョウトンボ。岸辺脇の藪道、僕の進む足元か…

  3. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  4. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  5. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  6. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  7. 冬 ツグミ

    ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうため…

  8. 冬枯れにヒヨドリ

    葉がすっかり散り落ちて、見るからに寒そうなハゼの木にヒヨドリがやってきた。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。