バカマの素顔

RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング NikonF3  新発田市 3月28日

柔らかな表情をしたショウジョウバカマの写真を撮りたいな・・雨の日、部屋の中で今まで撮り貯めたショウジョウバカマのポジを眺めていてそう思いました。

エッジが立ってゴツゴツした表情のバカマがライトボックスの上に沢山。

なんだかその色合いを強調したいが為に露出値をアンダー気味にしたり、レンズのf値を絞り込んだりしたものが多い。

柔らかく優しく・・そんなバカマが全くない。

それで、頭を柔らかくして撮影に臨んでみた。

けれども、いざ撮影しようとすると、長年の癖が出てきてしまう。

カリカリのピントを得ようとレンズを絞り込む。

明るい陽射しを待ってしまう・・。

明るくなればそれだけシャッタースピードを稼げるから、ある意味、撮影に保険を掛けたくなってしまうのですね。

気持ちの切り替えに踏ん切りが付きません。

時間が掛かります。

写真

ピント位置を雄しべなんですかね、その先端のゴマ頭に持ってきてます。

f値は開放。

接写リングPK-11Aもかましてる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツイン蕗

薄桃色の夜明け・福島潟

関連記事

  1. 陽を浴びるカタクリ

     今季5回目。鷹巣キャンプ場。辺りを散策。陽の光が林一面に降り注ぐ。待ちわび…

  2. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  3. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  4. 黄昏カエル

    こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。…

  5. トラップ

    トラップに捕まったチョウトンボ。岸辺脇の藪道、僕の進む足元か…

  6. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  7. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  8. 日向で休むヤマキマダラヒカゲ

    キマダラヒカゲでも「ヤマ」と「サト」がある。「ウミ」、「カワ」は無い。「ヤ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。