四角い朱鷺

この記事は1分で読めます

新潟市古町、裏通りじゃないけど、居酒屋とかブヒ・・ブチュ・・あぁ・・ブティック(ようやく変換できたぞ)なんぞがある小径で見つけた“四角い朱鷺”。

最初は看板と思っていたけど、看板みたいな照明灯なんだね。

街中にはまず来ない。

子供が生まれる前のギラギラ状態の頃は頻繁に飲みに来ていたが、ふやけてしなぶれてからは完全に遠のいてしまった。

ともあれ、足を此方に向けただけでも心境の変化だろう。

理由・・はこうなんだね。

SNS上に銀塩写真をこよなく愛するグループがあって、僕も1年ほど前からそこへ参加させてもらっている。

アッ、それと、あるコンデジの同好会みたいなグループにも参加しているんだ。

その両者の共通点は「人」なんだね。

捉え方は様々なんだけど、僕はそう感じた。

「人」をいろんな角度から、時間から捉えているんですね。

1年にわたって来る日も来る日も様々な投稿者の「人」を撮した写真を眺めていたらオイラもやってみたくなった・・というワケなんです。

ところが、街に出ると全く出来ない。

頭の中ではこうしたい、ああしたら・・と考えているのに、体が動かない。

躊躇してしまうんだ。

恥ずかしい。

他人に声を掛けることが出来ない。

人様が怖くなってくるんです。

狼狽し、吐き気までしてくる。

そんでもって、いつしか視線が気にならない上ばかり眺めているんですね。

(“四角い朱鷺”はそんな時に見つけた)

目に見えないとんでもないハードルがあるって事に気が付いたんです。

こりゃ、大変だぞって。

考えすぎ・・構えすぎ・・気楽に・・って、自身に言い聞かせていますが、先が遠いような、見えないような、そんな感じです。

RDPⅢ フォクトレンダー ULTRON 40f2 NikonF3 1月下旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。