四角い朱鷺

新潟市古町、裏通りじゃないけど、居酒屋とかブヒ・・ブチュ・・あぁ・・ブティック(ようやく変換できたぞ)なんぞがある小径で見つけた“四角い朱鷺”。

最初は看板と思っていたけど、看板みたいな照明灯なんだね。

街中にはまず来ない。

子供が生まれる前のギラギラ状態の頃は頻繁に飲みに来ていたが、ふやけてしなぶれてからは完全に遠のいてしまった。

ともあれ、足を此方に向けただけでも心境の変化だろう。

理由・・はこうなんだね。

SNS上に銀塩写真をこよなく愛するグループがあって、僕も1年ほど前からそこへ参加させてもらっている。

アッ、それと、あるコンデジの同好会みたいなグループにも参加しているんだ。

その両者の共通点は「人」なんだね。

捉え方は様々なんだけど、僕はそう感じた。

「人」をいろんな角度から、時間から捉えているんですね。

1年にわたって来る日も来る日も様々な投稿者の「人」を撮した写真を眺めていたらオイラもやってみたくなった・・というワケなんです。

ところが、街に出ると全く出来ない。

頭の中ではこうしたい、ああしたら・・と考えているのに、体が動かない。

躊躇してしまうんだ。

恥ずかしい。

他人に声を掛けることが出来ない。

人様が怖くなってくるんです。

狼狽し、吐き気までしてくる。

そんでもって、いつしか視線が気にならない上ばかり眺めているんですね。

(“四角い朱鷺”はそんな時に見つけた)

目に見えないとんでもないハードルがあるって事に気が付いたんです。

こりゃ、大変だぞって。

考えすぎ・・構えすぎ・・気楽に・・って、自身に言い聞かせていますが、先が遠いような、見えないような、そんな感じです。

RDPⅢ フォクトレンダー ULTRON 40f2 NikonF3 1月下旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

錨に想う

鬼配線と鬼配電盤

関連記事

  1. 石の組み合わせと窓枠の妙さに惹かれてカメラを構えていて、ありゃまぁ~…

  2. 青いタヌキ

    2015年9月27日(日)撮影自転車で通勤する際、ずっと気に…

  3. 新潟西港・臨海埠頭

    山の下みなとタワーの大階段上段から埠頭を望んだ図。この日はい…

  4. 現実と虚像は薄皮1枚

    今日は胃カメラ健診。昨夜から憂鬱でした。ビールが飲めない・・…

  5. ジャガイモの花

    5年前から自転車で通勤している。チンタラ、チンタラと同僚から…

  6. 冬枯れの河川敷

    父が死んだ。昨年12月に突然倒れて、病院に緊急入院。退院後の…

  7. 火炎土器かゾンビの手か

     縄文式土器の火炎模様と捉えるか、パチンコCRモンスターの地中から這い出たゾ…

  8. 桜色の雪割草

    新潟県庁敷地内の一角に「県庁の森」と呼ばれる林がある。人口の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。