パレット墓場

かなり強烈にビビッときて、「撮らなくっちゃ」となった。それなのに1枚撮ったら、なぜか一気に消沈した。

露出値やレンズの絞り値、画面に占める枯草の割合をかなり真剣に考えたのに、急に写欲が失せてしまった。

なのに今はこの絵が好き。

こりゃあなんだ?

心境の変化ってなこと?

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1月上旬撮影

Ai-Micro Nikkor 105f/4

1980年代製造のこのレンズ、昨年末にオーバーホールを完了。

見た目綺麗と思っていたが、本職の目にはバッチリ判るんですね。

「レンズに小キズ、糸状の小さな塵の付着認めるも取りきれませんでした」なんて修理明細に書いてある。

「あぁ、やっぱりかぁ~」明細書見て思いました。

この修理店にはこれまでレンズを数本オーバーホールに出しているが、キズあり記載のない明細書は1枚(1本)だけ。

一応聞いてみた。

「どこにキズやら塵があるのですか?」と(まったく判らないから)。

すると、

「あぁ、人の目では判からないかも」と。

「・・・・」私。

・・こんな感じなんです・・

此処を懇意にしている知り合いに話したら「僕もそうだよ」と苦笑した。

ともあれピントリングのスカスカはなくなって絶妙なトルク感が蘇り、懸案だった遠景描写の不確かさも解消した。

入手時から良品レベルだったレンズに更に磨きがかかり、より美しくなったし、なによりもちゃんと点検整備されたから安心だ。

レンズ本体より修理費用が高くついたが「結果ヨシ」としよう。

気候変動

偏西風が北に寄って流れているため北からの寒気が日本列島まで下がれない・・なんて、どこかの気象予報士が解説してたな。

じゃあ、なんだ、夏場は南からの大気が日本列島を覆うってこと?

素人考えだが根拠となり得るし。

度重なる大規模災害、ひとつひとつが気候変動と関連しているのはわかる。けれども僕の頭の知識はあまりのもお粗末だ。

難しいことは誰かが考えてるでしょ・・他人事のように振る舞っていたそのツケがまわってきたようで、なんだか不安になってきた。

まずは個人レベルで何ができるか考え実践してみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪のない福島潟

たわわな実・ヘクソカズラの実

関連記事

  1. 坊さんとモンブラン

    (写真を撮った8月30日は)未明に起きて近くの鳥屋野潟へ朝焼け撮影に出掛…

  2. もう一発 ド~ン!

     花火は終わらない。もう一発だぁ~!このところパッとしない天気。今日は少し晴…

  3. 青い空に波打つタワー

    2月24日日曜の青空は新潟に居ながら東京で仰ぎ見たそれにそっくりで、…

  4. 寂しい公園

    ACROS 100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3 5月…

  5. 年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

    新潟西港の港湾機能維持の為に信濃川上流域から運ばれてきた堆積土砂の浚…

  6. シュワッチな天井

    妙に寒い夜だったなぁ。静かだったし。「もしかしたら、もしかし…

  7. 出港

    佐渡汽船『あかね』が新潟港から出港していく。だんだん小さくな…

  8. 青いタヌキ

    2015年9月27日(日)撮影自転車で通勤する際、ずっと気に…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。