霜の苔 霜の葉

この記事は1分で読めます

どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。

春、夏、秋・・小径脇の地面に貼り付いたこの苔の緑は季節を問わず鮮烈で、否が応でも立ち止まって腰を落とし、じっと見入ってしまうほど。

それでもこれまで撮ろうとしなかったのは、苔以外に興味の対象が沢山あったからだ。

「綺麗なんだけど、撮るにはレンズの倍率が低すぎる」・・苔はそんなレベルでもあった。

それが、冬がやって来て、生き物の姿が消え、木々の葉も落ちてモノトーンの世界が拡がってくると、この苔の緑が次第に大きく頭に浮かんできた。

「雪に覆われる前にあの緑、撮ろうかな」と。

「霜が付着しているかも」と。

14日、山懐までやって来た。

あった!

さほど気温が下がらなかったわりには山陰に入り込むとヒンヤリ。

めぼしい苔を捜し求めていたら、コナラ?の落ち葉を抱いた苔が寒そうなんだけど、それなりに元気な姿で僕を出迎えてくれた。

凍えても微かな息遣い・・

「やっと撮ってくれたね」

・・聞こえはしないけど、聞こえたような苔の囁き。

苔の緑と葉っぱの色合いが何とも言えず美しく、何枚も撮り重ねていく。

冬になって苔の美しさを感じるとはね。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3  阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。