霜の苔 霜の葉

どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。

春、夏、秋・・小径脇の地面に貼り付いたこの苔の緑は季節を問わず鮮烈で、否が応でも立ち止まって腰を落とし、じっと見入ってしまうほど。

それでもこれまで撮ろうとしなかったのは、苔以外に興味の対象が沢山あったからだ。

「綺麗なんだけど、撮るにはレンズの倍率が低すぎる」・・苔はそんなレベルでもあった。

それが、冬がやって来て、生き物の姿が消え、木々の葉も落ちてモノトーンの世界が拡がってくると、この苔の緑が次第に大きく頭に浮かんできた。

「雪に覆われる前にあの緑、撮ろうかな」と。

「霜が付着しているかも」と。

14日、山懐までやって来た。

あった!

さほど気温が下がらなかったわりには山陰に入り込むとヒンヤリ。

めぼしい苔を捜し求めていたら、コナラ?の落ち葉を抱いた苔が寒そうなんだけど、それなりに元気な姿で僕を出迎えてくれた。

凍えても微かな息遣い・・

「やっと撮ってくれたね」

・・聞こえはしないけど、聞こえたような苔の囁き。

苔の緑と葉っぱの色合いが何とも言えず美しく、何枚も撮り重ねていく。

冬になって苔の美しさを感じるとはね。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3  阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山陰は冷たいまま・霜葉

路地裏のラッパ猫

関連記事

  1. アヤメに重ねる笑顔

    母にアヤメの花開いた姿を見せてあげたかったが、駄目だった。風…

  2. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  3. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  4. ニホンカモシカ

    春がやって来て、カタクリが咲き出す時期になると思い出してしまう。20数年前、…

  5. 人知れず咲く花の名は?

    2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰…

  6. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている…

  7. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  8. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。