霜の苔 霜の葉

どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。

春、夏、秋・・小径脇の地面に貼り付いたこの苔の緑は季節を問わず鮮烈で、否が応でも立ち止まって腰を落とし、じっと見入ってしまうほど。

それでもこれまで撮ろうとしなかったのは、苔以外に興味の対象が沢山あったからだ。

「綺麗なんだけど、撮るにはレンズの倍率が低すぎる」・・苔はそんなレベルでもあった。

それが、冬がやって来て、生き物の姿が消え、木々の葉も落ちてモノトーンの世界が拡がってくると、この苔の緑が次第に大きく頭に浮かんできた。

「雪に覆われる前にあの緑、撮ろうかな」と。

「霜が付着しているかも」と。

14日、山懐までやって来た。

あった!

さほど気温が下がらなかったわりには山陰に入り込むとヒンヤリ。

めぼしい苔を捜し求めていたら、コナラ?の落ち葉を抱いた苔が寒そうなんだけど、それなりに元気な姿で僕を出迎えてくれた。

凍えても微かな息遣い・・

「やっと撮ってくれたね」

・・聞こえはしないけど、聞こえたような苔の囁き。

苔の緑と葉っぱの色合いが何とも言えず美しく、何枚も撮り重ねていく。

冬になって苔の美しさを感じるとはね。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3  阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

山陰は冷たいまま・霜葉

路地裏のラッパ猫

関連記事

  1. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最初に目…

  2. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  3. 羊歯とモノサシトンボ

    羊歯(しだ)の傾く姿に寄り添うように翅を休めるモノサシトンボの&#x…

  4. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  5. ぞうときりん

    ACROS 100Ⅱ COSINA Voigtlander ULTRON 4…

  6. 冬 ツグミ

     ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうためな…

  7. 春待つカタクリ

    2012年4月15日関川村、鷹巣キャンプ場。今年は積雪が異常…

  8. モノサシトンボ

    胴(?)部分に等間隔についた目印が定規の目盛りに見えるのだろう。それ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。