切ないタカアザミ

この記事は1分で読めます

タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒くてもう駄目 終わっちゃったな俺」みたいな感じで項垂れた姿に見えた。

何でかなと言うと、前日にコイツを観察してるんだね。

夜が明けてしばらく冷たい雨に当たったわりには、その紅紫の頭花を惜しげもなく曝け出し、太陽が「イケェ~」と声援を贈った時なんかは実にいい顔したんだな。

コイツの匂いを感じるくらいに間近にいた。

だから、「この変わり様は只事ではないぞ」と。

撮影した1日は今期の最低気温を記録し、足元の水溜まりには氷が張った。

光の乏しい闇の時間帯に荒れ地を歩いたが、進む足元からは青菜を包丁でぶった切るような音が絶えずした。歩く度にザクッ、ザックと。

霜が降りてんだ・・すぐに判りました。

写真はちょっと離れて撮影した。

背景の霜畑に光が満ちてきて、その色合いが素敵だったので、空間部分を多く取り入れてみましたが、こうやって眺めてみると、「より一層寒そうで切ないタカアザミ」になったみたい。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  12月1日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。