切ないタカアザミ

タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒くてもう駄目 終わっちゃったな俺」みたいな感じで項垂れた姿に見えた。

何でかなと言うと、前日にコイツを観察してるんだね。

夜が明けてしばらく冷たい雨に当たったわりには、その紅紫の頭花を惜しげもなく曝け出し、太陽が「イケェ~」と声援を贈った時なんかは実にいい顔したんだな。

コイツの匂いを感じるくらいに間近にいた。

だから、「この変わり様は只事ではないぞ」と。

撮影した1日は今期の最低気温を記録し、足元の水溜まりには氷が張った。

光の乏しい闇の時間帯に荒れ地を歩いたが、進む足元からは青菜を包丁でぶった切るような音が絶えずした。歩く度にザクッ、ザックと。

霜が降りてんだ・・すぐに判りました。

写真はちょっと離れて撮影した。

背景の霜畑に光が満ちてきて、その色合いが素敵だったので、空間部分を多く取り入れてみましたが、こうやって眺めてみると、「より一層寒そうで切ないタカアザミ」になったみたい。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  12月1日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“葉っぱのコシカケ”

フェンスの向こう側・壊れた消防車

関連記事

  1. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

  2. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  3. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  4. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  5. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  6. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  7. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  8. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。