切ないタカアザミ

タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒くてもう駄目 終わっちゃったな俺」みたいな感じで項垂れた姿に見えた。

何でかなと言うと、前日にコイツを観察してるんだね。

夜が明けてしばらく冷たい雨に当たったわりには、その紅紫の頭花を惜しげもなく曝け出し、太陽が「イケェ~」と声援を贈った時なんかは実にいい顔したんだな。

コイツの匂いを感じるくらいに間近にいた。

だから、「この変わり様は只事ではないぞ」と。

撮影した1日は今期の最低気温を記録し、足元の水溜まりには氷が張った。

光の乏しい闇の時間帯に荒れ地を歩いたが、進む足元からは青菜を包丁でぶった切るような音が絶えずした。歩く度にザクッ、ザックと。

霜が降りてんだ・・すぐに判りました。

写真はちょっと離れて撮影した。

背景の霜畑に光が満ちてきて、その色合いが素敵だったので、空間部分を多く取り入れてみましたが、こうやって眺めてみると、「より一層寒そうで切ないタカアザミ」になったみたい。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  12月1日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“葉っぱのコシカケ”

フェンスの向こう側・壊れた消防車

関連記事

  1. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  2. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  3. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  6. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。