赤い実にトンボはとまってくれない

この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。

その赤い実にトンボがとまった構図をもう何年も前から頭の中で練っているが、今だ撮れないでいる。

湖畔の赤い実は雑然とした林の中の赤い実と比べ美しく映える。

背景が煩雑でなく、光も十分だからだろう。

赤トンボはひっきりなしに飛んでいる。僕の服にもとまるくらい。

なのに、なぜか赤い実にはとまってくれない。

隣のアワダチソウの花序の中や絡まった蔓で翅を休めているのがほとんどだ。

こちらは

「そんなことしたら翅が濡れて乾きが悪いだろうに」

「光が十分降り注いでくれる赤い実の上なら思いっきり翅を広げて光の温かさを存分に享受できるだろうに」

と常々思っている。

トンボはといえば

「朝のうちは体が冷たく動きが鈍い 敵と遭遇したら堪ったものでない 翅が濡れて乾くのに時間が掛かろうとも周りに防ぐものがあった方が安心だ」

とでも思っているに違いない。

そんなわけで今年もまだ撮れていない。

寒くなってトンボが姿を消してしまわないうちに思い描いたシーンと出会えないかこの週末も出かけてみようかな。

写真

3日に撮影。もちろん福島潟の岸辺。

お隣には2,3のトンボが朝露に濡れながらも枝葉の茂みの中に隠れていた。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4 NikonF3

このレンズを手に入れての最初のカット。記念すべきポジなんだけどトンボは写ってない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋の終わりにアキノキリンソウ

なんじゃこりゃ!?

関連記事

  1. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  2. キタテハ・秋型バージョン

    以前、“フィルム写真の落とし穴”について書いたことがある。デジタルカメラと違…

  3. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのドキュ…

  4. 土手下のエノコログサ

    2015年9月21日(祝日)撮影  掲載済みの『コフキトンボ』の撮影後、改め…

  5. 薄明光線

     暑い!昼過ぎ、会社から自転車で家に戻ってきたが、汗ダラダラ。た…

  6. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  7. 初冬の福島潟にて

     福島潟5時40分着。 6時になっても暗い。風はさほどなく寒さを感じない。 …

  8. キタテハ 斬る!

    タカアザミの隠し所でお休み中の蝶は・・キタテハの秋型タイプ。雨風を凌ぎやす…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。