ザ・蛾!

なんだ なんだ なんだ

幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体なんだ

なんだ なんだ

近づいていくもまだ不明

なんだ 葉っぱ? いや違う

葉っぱでないことが判りちょっと興奮気味に近づく

蝶? でかい!

目の前にまで来た

蛾? バカでかい!

毛布を纏ったような毛並みは見ていて気持ち悪い

でも撮りたいな

ヤママユガの仲間?

カメラ持ってないんでゆっくり下がって、離れた場所から駐車場へ猛ダッシュ。カメラを取りに戻ったのでした(暗いから手ぶらでの散策だった)

そのままでいてくれよ~

念じながら近づいていく

もう蛾と解ったので、あとは逃げずにそこにいてくれと願うばかり

いたぁ~!

今にも雨が落ちてきそうな暗さ

雲の切れ目を探してみる

ある!

雲の流れを待っていれば少しは明るくなりそう

明るくなる寸前でゆっくり近づいてみた

翅をこころなしかブルブル震わせる

幹を斜め上へと30センチほど移動したところで停止

動くな~~・・

そこんところを撮ったのでした

撮影後も幹にぺったり貼り付いたまま 樹木はクヌギかコナラ

その場を離れ振り返っても彼女はそのまま

正体はクスサンだろうか

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4 NikonF3  阿賀野市 4日撮影

*掲載後に数人からヒメヤママユの♀じゃないと

そう言われて調べたら なるほどそうかも

別アングルで撮ったカットがコレ

でしょ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

長靴と紋黄蝶と牛の額

秋の終わりにアキノキリンソウ

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  3. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  4. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  5. めおと蕗

    本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市…

  6. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

  7. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  8. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • くわたろう
    • 2019年 11月 12日

    こんばんは。
    蛾が苦手の人も多いようですが、私はこの手の蛾は大好きです。
    家に連れて帰りたくなります(笑)
    ヒメヤママユ♀でしょうか?
    https://www.insects.jp/kon-gahimeyamamayu.htm
    2枚目の画像に良く似ています。

    • こんばんは。
       同じブログを私も拝見していてヒメヤママユの雌と今は思ってるんです。Tさんが一度「そうじゃないの」とFacebook上でコメントしてましたが、そのコメントが妙に引っかかって、掲載していないんですが、いろんな角度から撮影したポジを再確認したんです。
      なんか、ヒメの雌ぽい気がしています。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。