秋色 枯草色

20日の福島潟。

土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや蝶が翅を休めていて、被写体探しに困ることはない。

中でも赤トンボは草むらの中にあって一際目立つアレチノギクに絵になるような姿で止まっていた。

写欲が沸いてくるのは当然で、そちらの方へ近づいて行くのだが、進む歩先が足元の叢を揺すり、それがまたその先の叢に触れるものだから、敏感なトンボちゃんは僕が撮影エリアに入り込む前に飛び立ってしまっていた。

ギンギンに冷え込んだ朝であるなら、トンボちゃんは朝露をたっぷり纏っていて動こうにもう動けないから、容易に撮影できるのだけど、暖かくも寒くもないこの日は薄暗いうちから目の前を横切っていくほど活性があった。

それに無いようでいて風がある。

一度だけアレチノギクにうまいこと止まったトンボちゃんに近づけてピントを合わせるチャンスがあったが、ファインダーで覗いたその子は小さな風に震えて見えた。

暫く風の鎮まりを待ったが、トンボちゃんはその間に姿を消していた(不用意に動いてしまった僕のせいに違いない)。

ヤマトシジミ

全天を覆う雲が朝焼けを隠し、トンボを撮ろうとすると今度は風が邪魔をする。

家の用事で8時半までには家に戻らなくちゃいけない時間的な制約もあって、焦り始めた時にこの子を草むらの地表近くで見つけた。

止まった猫じゃらしは枯れて芯が出来たせいか少しの風なら揺れないみたい。

小さなこの蝶に狙いを定めてみたのでした。

雲間から陽が漏れて辺りの草むらが陽に包まれたように明るくなった。

・・あぁ、自分も同じ光の中にいるんだな・・

キツい時間枠の中、ほんの一時ですが小さな蝶と同じ時間を共有出来た嬉しさが体中に満ちてきて、穏やかな気分で撮れたかな。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  福島潟

*f2.8半、1/125秒で撮影したが、明るめにでた。一連のカットはすべてこの数値。小刻みに露出値を変えることもないほど自信があったのに。

NikonF5とF3の測光範囲の違いを知っていながら、さほど重要視していない僕なのでありました(勘に頼りすぎるのも良くないんだね)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ゴイシシジミ

晩秋 海

関連記事

  1. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  2. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  3. 夜明けの木

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3福島…

  4. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  5. サワヒヨドリにイナゴ・・かな?

     おっ、秋の七草フジバカマにイナゴ・・いいんでねぇ~池の畔、背景のハンノキが…

  6. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  7. 静かな岸辺

     5時過ぎの福島潟です。湖畔に立つが誰もいません。正面の岸辺には桟橋、そして…

  8. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。