見得を切るハラビロ

獲物に飛びかかろうとした矢先に僕に見つかってしまったカマキリは新潟市では準絶滅危惧種に指定されているハラビロカマキリ。

狩り場に選んだ野草はベニバナボロギクだろう。「だろう」としたのは葉陰の黄色い花房が種の同定を煩わしくしているから。

この日僕は駐車場に車を止めて熊よけ鈴をぶら下げて林の中に入っていったのだが、歩いているうちに薄暗い林床が怖くなって引き返してきたのだった。

駐車場に戻ってくると先ほどまでの陰鬱な空気はなくなって強烈な陽射しが降り注いでいた。それでその明るい光の下で周辺部を散策していて出会ったというわけだ。

ハラビロの頭の先には小さなクモがいたんだね。

それを狙って身を乗り出しているときに私が近づいたから胡散臭い顔をしたんだ。

その様子は此方を睨んだような感じ。

「邪魔するんじゃねぇ!俺を誰だと思ってんだ!」

カッと一瞬凜々しい顔つきに見えたようなそうでもないような。

*人差し指を出してカマの強さを確かめた。10㎝程度の大きさなのにカマの力ってすごいんです。激痛が走る!

光を集める

逆光の位置で、裏側へ回り込むスペースもない。このまま写したところでカマキリは黒くつぶれてしまいそう。かと言って露出を目一杯にオーバーにしたらふわふわな感じに仕上がるかも。

それで着ていた白いカッパを脱いで、三脚に巻き付け裾野を拡げるようにして光を集めてみた。

仕上がりは思っていた以上に人工的な光となってしまった。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟また来年

ゴイシシジミ

関連記事

  1. アメリカ コハクチョウ

     年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間のみ近…

  2. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  3. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  4. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうど…

  5. 月の山のカメムシ

    胎内市・白鳥公園 森敦の小説『月山』、舞台となる鶴岡市の山懐深く注連寺の庫裡…

  6. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  7. 裏葉色と朱色

    『裏葉色』、『朱色』ともに日本の夏の伝統色。因みに「新潟の夏のにおいは?」…

  8. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。