トリバガとトリバゴ

これ、蛾。

トリバガの仲間なんだそうだ。

どっかで聞いたような名前です。

そう、トリバゴのCMですね。

僕はどういう会社のCMかは分かりません。判ろうともしません。日本語のうまい綺麗な外国の姉ちゃんとトリバゴという言葉、あれだけ記憶にあるんです。

トリバガトリバゴ、1文字違っても抑揚のない発音は一緒なんだよなぁ~

だからこの蛾がトリバガの仲間と知ってしまうと、トリバゴ、トリバゴと連発する姉ちゃんが必ず頭の隅に現れて、そのイメージが蛾以上に膨らんでいくのですね。

視覚的には蛾の背後に姉ちゃんが重なって見えてくるような。

あぁ、これはオイラの頭が悪いんじゃない。

ややこしい言葉が生んだトリックだ。

人工知能AIや近未来ロボットでは物事の捉え方に付随するこんがらがった気持ちの強弱をどうプログラミングするんだろうね。

あぁ~、これも、ややこしや~。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

台風19号

昨夜12日は胎内市で母と過ごした。

昼過ぎに実家に着いて鉢植えを倉庫にしまい、家庭菜園は適当に囲ったり、縛ったり。一通り作業が終わって夕方近くのスーパーへ。

私はビールさえあればいいんだが、母のリクエストの菓子パンがない。

台風の影響?みんな買い占め?

カップ麺の並んだ棚もガラガラで空間が目立ちました。

今日は昼頃に阿賀野川に架かる橋を渡たりましたが、川幅がとんでもなく広がっていた。野球やったり、キャンプやったりする河川敷が水没しているんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“紅光線”・・無理あるなぁ~

鳥屋野潟また来年

関連記事

  1. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  4. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. 俺だけ見て!と言うけれど

    「後ろの仲間はいいから、俺だけ見て!」健気でか弱そうな姿にし…

  7. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。