トリバガとトリバゴ

これ、蛾。

トリバガの仲間なんだそうだ。

どっかで聞いたような名前です。

そう、トリバゴのCMですね。

僕はどういう会社のCMかは分かりません。判ろうともしません。日本語のうまい綺麗な外国の姉ちゃんとトリバゴという言葉、あれだけ記憶にあるんです。

トリバガトリバゴ、1文字違っても抑揚のない発音は一緒なんだよなぁ~

だからこの蛾がトリバガの仲間と知ってしまうと、トリバゴ、トリバゴと連発する姉ちゃんが必ず頭の隅に現れて、そのイメージが蛾以上に膨らんでいくのですね。

視覚的には蛾の背後に姉ちゃんが重なって見えてくるような。

あぁ、これはオイラの頭が悪いんじゃない。

ややこしい言葉が生んだトリックだ。

人工知能AIや近未来ロボットでは物事の捉え方に付随するこんがらがった気持ちの強弱をどうプログラミングするんだろうね。

あぁ~、これも、ややこしや~。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

台風19号

昨夜12日は胎内市で母と過ごした。

昼過ぎに実家に着いて鉢植えを倉庫にしまい、家庭菜園は適当に囲ったり、縛ったり。一通り作業が終わって夕方近くのスーパーへ。

私はビールさえあればいいんだが、母のリクエストの菓子パンがない。

台風の影響?みんな買い占め?

カップ麺の並んだ棚もガラガラで空間が目立ちました。

今日は昼頃に阿賀野川に架かる橋を渡たりましたが、川幅がとんでもなく広がっていた。野球やったり、キャンプやったりする河川敷が水没しているんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

“紅光線”・・無理あるなぁ~

鳥屋野潟また来年

関連記事

  1. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  2. たんぽぽの綿毛

    タンポポンの綿毛。柔らかな光が欲しくて、曇り空のもとで撮ってみました。背…

  3. 落ち葉の中からフキノトウ

     関川村鷹巣キャンプ場。吊り橋を渡り雪の中を道なりに進むと右側に荒川。飯豊山…

  4. 保護色

    これも【保護色】でしょうか。外敵から身を守ったり、またその逆に待ち伏…

  5. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. 緑の血潮

    阿賀町・たきがしら湿原♬・・手のひらを太陽に すかしてみればまっかに流れ…

  7. 深山茜・未成熟個体

    未成熟個体ではあるが、7日から10日前に見た時より体色が濃くなってきた。…

  8. 残念な日常・トキワイカリソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。