世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽然と消え、替わって幹の裏側から現れた御方、タテハ蝶の仲間キタテハ。

翅の模様は夏型(蝶には発生時期によって翅模様が変わる種類がある。区別するため、夏型、秋型などと呼んでいる)。

じっくり、ゆっくり間を詰めたあの時間はいったい何だったんだ!と「チッ」と舌を鳴らす。すると絶妙のタイミングで幹の裏側から回り込んできたんだ。

コムラサキの赤紫色した表翅の色合いに目を奪われてしまった僕には、このキタテハの裏翅模様はかなり地味・・・いや、そんなこと言っちゃいけない。

神様が僕に与えた「残念賞」・・そう思って撮る、撮る、撮りまくる。

地味な模様が何だ!・・綺麗、美しい・・そんな思いを込めて眺めていたら、その模様が古い書物に書かれた世界地図に見えてきた。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  新発田市 7月25日撮影

懸案

日韓関係、米中貿易摩擦・・

周辺諸国にどう理解を求めていくか、解決策に注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蓮・音色を重ねる

慈雨・濡れアザミ

関連記事

  1. ショウジョウ花火

    ショウジョウバカマの春花火を打ち上げてみました。「夜空に花開く尺玉・・」を…

  2. ハッチョウトンボとGRⅢ

    RICOH・GRⅢでハッチョウトンボを狙ってみた。35㎜版換算で28…

  3. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  4. 大乱闘

    ~前の写真の続き~「山田君!ちゃんと撒きなさいっ!」吉川叔父…

  5. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  6. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  7. 林の中のミズバショウ

     午後、久しぶりに旧笹神村の滝沢地区に行く。昔は車で林道を進んで行けたけど…

  8. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。