世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽然と消え、替わって幹の裏側から現れた御方、タテハ蝶の仲間キタテハ。

翅の模様は夏型(蝶には発生時期によって翅模様が変わる種類がある。区別するため、夏型、秋型などと呼んでいる)。

じっくり、ゆっくり間を詰めたあの時間はいったい何だったんだ!と「チッ」と舌を鳴らす。すると絶妙のタイミングで幹の裏側から回り込んできたんだ。

コムラサキの赤紫色した表翅の色合いに目を奪われてしまった僕には、このキタテハの裏翅模様はかなり地味・・・いや、そんなこと言っちゃいけない。

神様が僕に与えた「残念賞」・・そう思って撮る、撮る、撮りまくる。

地味な模様が何だ!・・綺麗、美しい・・そんな思いを込めて眺めていたら、その模様が古い書物に書かれた世界地図に見えてきた。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  新発田市 7月25日撮影

懸案

日韓関係、米中貿易摩擦・・

周辺諸国にどう理解を求めていくか、解決策に注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蓮・音色を重ねる

慈雨・濡れアザミ

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  3. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  4. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  5. 雨蛙・祈りの時間

    『梅雨待ち雨蛙』をイメージして撮影に出掛けたが、『梅雨待ち』というよ…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  8. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。