世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽然と消え、替わって幹の裏側から現れた御方、タテハ蝶の仲間キタテハ。

翅の模様は夏型(蝶には発生時期によって翅模様が変わる種類がある。区別するため、夏型、秋型などと呼んでいる)。

じっくり、ゆっくり間を詰めたあの時間はいったい何だったんだ!と「チッ」と舌を鳴らす。すると絶妙のタイミングで幹の裏側から回り込んできたんだ。

コムラサキの赤紫色した表翅の色合いに目を奪われてしまった僕には、このキタテハの裏翅模様はかなり地味・・・いや、そんなこと言っちゃいけない。

神様が僕に与えた「残念賞」・・そう思って撮る、撮る、撮りまくる。

地味な模様が何だ!・・綺麗、美しい・・そんな思いを込めて眺めていたら、その模様が古い書物に書かれた世界地図に見えてきた。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  新発田市 7月25日撮影

懸案

日韓関係、米中貿易摩擦・・

周辺諸国にどう理解を求めていくか、解決策に注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蓮・音色を重ねる

慈雨・濡れアザミ

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  7. かたつむり・・久しぶり

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。