たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

6日土曜日、鳥屋野潟の夜明けです。

7月に入ってムムッとなる朝焼けがこれまでに3回あった。

6日、8日、そして昨日の11日。

その都度、「ワ~イ、今期一番だぁ~」とシャッターを押していますが、次は別な形で「おぉ~、これも一番だ」また別な日は「これが一番かな」となって、【1番】が更新されていく。

新潟市内在住のあるプロカメラマンの言葉を思い出した。

「同じ場所へ何度も通う。更に感動するような写真が撮れるかも知れない。そう行動しないと良い写真なんか出来上がらない」・・そんなような趣旨の内容だ。

もっともだと思う。

自分なりに設定した目標をクリアしちゃうと、急に意欲が萎えてしまいがち。

今日なんか目覚ましが鳴っても布団の中だし。

コレじゃ駄目だと、奮起して鳥屋野潟へと向かったのですが、目にした光景はたなびく雲、雲、雲だらけ。

しまいには雨脚が強まった。

「だから出掛けるんじゃ無かった。あのまま寝ていれば良かった」

そう考えるもう1人の自分がいる。

初心を継続するって、大変。

RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

トラップ

変なのは映っていない/キイトトンボ

関連記事

  1. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  2. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

  3. 深緑と江戸紫

     葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、何とし…

  4. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  5. 光る雲

    2015年5月30日(土)撮影 早朝の上沼橋。既に先客が二人。準備している間…

  6. ちょっと待った!カマキリ

    8月下旬頃からカマキリをよく見るようになった。時期的に彼らの生活上、大きな…

  7. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  8. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。