ヒメジャノメ

蝶には悪いが執拗に追いかけて撮った。

いや、「追いかける」と言うと誤解を招くね。

間を詰めて、しゃがもうとすると跳び上がる。

しかし、本気で逃げる気は無いみたい。

藪の中やアジサイの懐深く転げ込もうとすれば簡単なのに・・。

僕を茶化しているみたい。

ヒラッと舞い上がっては「こっちだよ~」と。

こちらも「ならば」と応戦する。

相手が逃げた方向へ先回りして、蝶が暗がりに隠れる前に藪の隙間から「ギャ~」と仁王立ちしたりして驚かす。

すると反転し別の方向へ彷徨い、元いた場所に戻ったりする。

ギシギシの葉はどうやら彼のお気に入りの場所らしい。

ちょくちょく此処の辺りにやって来る。

落ち着いたところで持っていた自家製レフ版で光を小さく当ててみた。

戸惑っていた。

固まって動かなくなって・・そのときにパチリ。

アレレ・・?と思っていたら脚でメンタマをクリクリかきむしって、背中をこちらに向けて小さな糞を出した。そして飛んでいった。

なんか悪いことした感じがして、追いかけっこはこれでお終いとした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  鳥屋野潟公園  6月中旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ウツボ草

霧に隠れる鳥屋野潟

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 鳥屋野潟・減感現像

    RVP100(-1減感) Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF…

  3. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  4. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  5. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  6. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。