笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見つけた最初の年に撮影日誌にそう書いてあった。

2014年だから今から5年前の話しなのですが、それからというもの、それなりに気にはしておりました。

不定期ですが根を這った辺りの笹藪を掻き分けては覗き見をしたりして。

でも全く撮影できませんでした。

なにせ、笹藪の中で俄然に暗い。

花自体も1㎝にも満たない。

それに開花する時期が分からない。

ですから、あの薄緑色の下地に白の独特な模様の葉っぱの隙間から花茎がヒョロ~と伸びてきて、それに花がポツポツと点火していくまでは相当長い間隔があることを知った年はちょっとは撮影する下地が出来たかなと。

ただ、それが僕の悪い癖で「今頃咲いてるかも」と軽くみてしまった。

どうせ暗くて撮れっこない・・そんなネガティブな気持ちも作用していたんだと思います。

ところが今年は五月下旬に付近一帯、道端の下草刈りが行われた。撮る気も無かったのに焦りました。なくなるんじゃないかって。

それで頻繁に通い詰めてみた。

写真は6月1日の午後。仕事を終え、此処をめがけてやって来た。

薄暗い中でも頭上高く老桜の間葉から陽が漏れて、それが笹藪を明るく包み込んでくる時間なんですね。

しゃがんでじっとして少しでも明るくなる頃合いにシャッターを切る。それでもレンズの絞り2.8、シャッタースピード1/30秒。

撮影後、このユキノシタや薄暗い地面に点在する彼らに手を合わせました。

ピントを花びらに合わせている最中、花びらの可憐な模様にハッとしました。無性に可愛らしく思えてきたのです。

来年もまた会えますように、そんな気持ちになりました。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3   阿賀野市 1日撮影

旬の野菜

トマトが俄然旨くなってきた。キュウリも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

誕生だね オオヤマトンボ

太陽のような“ホニャララ”

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。