眩しい鳥屋野潟

写真は5月22日、リバーサルフィルム。

モヤッとな朝焼けが続いていたのに、最近は(もう遅い!)、カラッとな朝焼けが観られるようになりました。

眩しいです!

荒削りなんですが、ダイナミックさも加わってきたような。「直線的な光」を強く感じる・・と言えば雰囲気が伝わるでしょうか。色彩変化もクッキリしてきたとも。

春から夏にかけて季節が動いている証拠でもありますね。夏の前に梅雨入りがありますから、それまでは晴れればこんな感じになるのでしょう。

(あくまでも個人的な見解です)

現在は撮影場所を少し変えました(この写真は従来の場所からです)。

RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3

クロツグミ

家の近くでクロツグミが鳴いている。初夏に毎年やって来て、その円やかな歌声が辺りに響き渡る。今年はその音色の大きさに驚いている。

時々、家の中に居ても聞こえてくる。

夜明け前から鳴き始め、日の入り前後まで延々と囀っているらしい(家で仕事している女房がそう言っている)。

もうじき蝉が鳴き始めるが、蝉時雨にかき消されることがないようボイストレーニングでもしているのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カメムシは本当に嫌われ者?

立浪草かも・いまだ半信半疑

関連記事

  1. 冬の落ち葉

    吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。積雪で30センチ近くありま…

  2. 秋 サンシュユの実

    2015年9月23日(祝)撮影 春先に小さな黄色い花を枝一杯に咲かせ、秋にな…

  3. 雨上がりの鳥屋野潟

    福島潟へ向かう途中に雨。行き先変更で上沼橋からの鳥屋野潟を撮ることにした。「…

  4. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  5. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  6. 貝じゃないヤマトシジミ

    2015年8月30日(日)撮影 ”時候雑記”を挟んだがコレも前述のヤマトシジ…

  7. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

  8. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。