赤の刻

16日の鳥屋野潟、夜明け前の姿です。

Facebookでは当日にGRⅡで撮影した写真を投稿してます。

これはリバーサルフィルム。

あちらより少し早い時間、また画角も狭いので、赤が凝縮したように見えます。

風が止むと湖面が染まる空を鏡のように映し出しました。

みとれてしまいました。

毎日来ていても1日として同じような光景はないのですね。

当たり前のことなんですが、それが不思議に思えてくるのです。

自然界に存在する色彩はどれだけあるんだろうと。

無限なんでしょうけど、それが納得いかない。

神様の創造する色彩だとしても限りがあるって!と考えてしまうのです。

まぁ、人間である僕が言う事ですから、戯言と捉えてください。

RVP100 フォクトレンダー 40f/2SLⅡs NikonF3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハルジオンにヤブキリ?

カメムシは本当に嫌われ者?

関連記事

  1. 綿毛

    2015年4月26日(日)撮影 鳥屋野潟公園”流れ”の小径脇。岸辺の土手近く…

  2. Red and Black

    ~新潟市/鳥屋野潟の夜明け~ 写真は2014年の6月3日に撮影している。後に…

  3. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  4. 朝焼けと爺さん

    じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目か…

  5. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  6. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  7. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  8. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。