赤の刻

16日の鳥屋野潟、夜明け前の姿です。

Facebookでは当日にGRⅡで撮影した写真を投稿してます。

これはリバーサルフィルム。

あちらより少し早い時間、また画角も狭いので、赤が凝縮したように見えます。

風が止むと湖面が染まる空を鏡のように映し出しました。

みとれてしまいました。

毎日来ていても1日として同じような光景はないのですね。

当たり前のことなんですが、それが不思議に思えてくるのです。

自然界に存在する色彩はどれだけあるんだろうと。

無限なんでしょうけど、それが納得いかない。

神様の創造する色彩だとしても限りがあるって!と考えてしまうのです。

まぁ、人間である僕が言う事ですから、戯言と捉えてください。

RVP100 フォクトレンダー 40f/2SLⅡs NikonF3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハルジオンにヤブキリ?

カメムシは本当に嫌われ者?

関連記事

  1. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  2. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  3. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  4. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  5. 雨雲の下層面ってこんな凸凹?

    8日、鳥屋野潟の夜明けですね。こちらはリバーサルフィルム。コ…

  6. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  7. 春三色

     鳥屋野公園トリムの森。GWと言っても、カレンダー通りに休みを貰える訳でなく…

  8. 秋色の風・鳥屋野潟

    仕事が忙しい。そうした状況を、頭を回転させたり柔らかくして、あたかも楽しん…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。