赤の刻

16日の鳥屋野潟、夜明け前の姿です。

Facebookでは当日にGRⅡで撮影した写真を投稿してます。

これはリバーサルフィルム。あちらより少し早い時間、また画角も狭いので、赤が凝縮したように見えます。

風が止むと湖面が染まる空を鏡のように映し出しました。

みとれてしまいました。

毎日来ていても1日として同じような光景はないのですね。

当たり前のことなんですが、それが不思議に思えてくるのです。自然界に存在する色彩はどれだけあるんだろうと。

無限なんでしょうけど、それが納得いかない。

神様の創造する色彩だとしても限りがあるって!と考えてしまうのです。

まぁ、人間である僕が言う事ですから、戯言と捉えてください。

RVP100 フォクトレンダー 40f/2SLⅡs NikonF3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハルジオンにヤブキリ?

カメムシは本当に嫌われ者?

関連記事

  1. 雨雲の下層面ってこんな凸凹?

    8日、鳥屋野潟の夜明けですね。こちらはリバーサルフィルム。コ…

  2. 採らずに撮った冬きのこ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  1…

  3. 鳥屋野潟また来年

    台風19号による被害、どんどん拡大してる。甚大な被害だ。過去のデータ…

  4. 琥珀色の中・鳥屋野潟

    今朝、4時42分の鳥屋野潟。ムンムン蒸し蒸し。湿度を測ったら相当…

  5. 「大したことない」朝焼け

    「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。上沼橋の…

  6. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  7. 菖蒲(あやめ)

    2015年5月10日(日)撮影 鳥屋野潟公園 ”流れ“の小路沿いの菖蒲(あや…

  8. 燃える帯雲・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ(15/5/2020)久々、ん・・? こんな朝焼けは久…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。