赤の刻

16日の鳥屋野潟、夜明け前の姿です。

Facebookでは当日にGRⅡで撮影した写真を投稿してます。

これはリバーサルフィルム。

あちらより少し早い時間、また画角も狭いので、赤が凝縮したように見えます。

風が止むと湖面が染まる空を鏡のように映し出しました。

みとれてしまいました。

毎日来ていても1日として同じような光景はないのですね。

当たり前のことなんですが、それが不思議に思えてくるのです。

自然界に存在する色彩はどれだけあるんだろうと。

無限なんでしょうけど、それが納得いかない。

神様の創造する色彩だとしても限りがあるって!と考えてしまうのです。

まぁ、人間である僕が言う事ですから、戯言と捉えてください。

RVP100 フォクトレンダー 40f/2SLⅡs NikonF3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハルジオンにヤブキリ?

カメムシは本当に嫌われ者?

関連記事

  1. 朝露キラリンチョ

    2015年8月中旬撮影 この種の湿地植物はどれもこれも同じように見え、区別す…

  2. ビッグスワンXmas・version

    2015年12月9日(水)撮影 旧暦で“小春日和”と表現が可能な最後の日ら…

  3. 鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

    梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。この時点で4時半をまわって、日の出…

  4. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  5. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  6. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  7. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  8. 初々しい 新芽

    午後になり陽が射し始める。入院中の女房は順調で「焼きプリン買ってきて…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。