綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

3月24日、未明に雪が降った。

雪は積もるも午前中には跡形もなく消えてしまった。名残雪として感傷に浸る粋なひとときを感じ得なかったかもしれないが、オイラは感じてみた。

雪が積もってその白い綿雲からニョロ~と伸びた土筆をつぶさに観察してみた。

陽が当たってきて雪が少しずつ溶けていく(雪の下の土中に吸い込まれていく感じだ)様をギョロ~と見続けていたのでした。

観れば見るほどに感じれば感じるほど彼らの姿はおひたしに見える。

どう料理したら旨くなるか?

歯ごたえはシャキシャキするだろうか?

食後にその繊維質が歯に挟まらないか?

かつお節をまぶしたらいいかも!

辛子醤油がいいかもしれない!

天ぷらにしたら意外によかったりして?

(その他諸々)

目の前の土筆たちには申し訳ないんだが、食うことしか考えていない私がそこにいたのでありました(ビールを美味しく飲むために歩いているような)。

写真

幅広いピンを意識して絞り値を8ぐらいにしています。

陽が照ってくるのを見計らってパシャパシャするもこのカットでフィルム終了、名残惜しいままその場を後にしたのでありました。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8S NikonF3  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

現実と虚像は薄皮1枚

水面に弾ける春花火

関連記事

  1. 雨に光るホトケノザ

    新潟市・鳥屋野潟公園本日4日は目の定期検診日。極度の…

  2. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  3. 鳥屋野潟は朱色潟

    鳥屋野潟が日の出直前に見せてくれた朱色に染まる湖面です。5月17日午…

  4. 鳥屋野潟 一瞬のポワ~

    15日の鳥屋野潟の朝焼け。日の出時刻が4時21分になった。夏…

  5. 赤と黒の鳥屋野潟

     藪の中で人影が動いているとなると間違いなく不審者扱いされる。4時前、出来る…

  6. 貝じゃないヤマトシジミ

    2015年8月30日(日)撮影 ”時候雑記”を挟んだがコレも前述のヤマトシジ…

  7. 雪崩れるスタジアム

     スタジアムが完成した最初の冬に撮影したもの。建設当初から柵の外から工事の進…

  8. 雲映す鳥屋野潟

     盆を過ぎた辺りから、朝晩は涼しくなったような気がする。早朝の潟の岸辺に立て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。