綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

3月24日、未明に雪が降った。

雪は積もるも午前中には跡形もなく消えてしまった。名残雪として感傷に浸る粋なひとときを感じ得なかったかもしれないが、オイラは感じてみた。

雪が積もってその白い綿雲からニョロ~と伸びた土筆をつぶさに観察してみた。

陽が当たってきて雪が少しずつ溶けていく(雪の下の土中に吸い込まれていく感じだ)様をギョロ~と見続けていたのでした。

観れば見るほどに感じれば感じるほど彼らの姿はおひたしに見える。

どう料理したら旨くなるか?

歯ごたえはシャキシャキするだろうか?

食後にその繊維質が歯に挟まらないか?

かつお節をまぶしたらいいかも!

辛子醤油がいいかもしれない!

天ぷらにしたら意外によかったりして?

(その他諸々)

目の前の土筆たちには申し訳ないんだが、食うことしか考えていない私がそこにいたのでありました(ビールを美味しく飲むために歩いているような)。

写真

幅広いピンを意識して絞り値を8ぐらいにしています。

陽が照ってくるのを見計らってパシャパシャするもこのカットでフィルム終了、名残惜しいままその場を後にしたのでありました。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8S NikonF3  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

現実と虚像は薄皮1枚

水面に弾ける春花火

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 鳥屋野潟・減感現像

    RVP100(-1減感) Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF…

  3. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  4. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  5. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  6. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。