春先の気候の変化は心の変調?

マラソンに参加する選手、この寒さをどう耐えているんだろうな(17日の話)。

冷たい風や雨が簾のように天から吹いてきて寒さのあまり腕をさすっていたと思う(時間的にチョッチ早いかな?)。

オイラは此処で喩えようもない冷たい空気に触れていたのでした。

陽が昇り陽射しが雲の向こうからやって来るとその雲の全容が露わになった。

どうやら右から左へ流れている感じ。

フオ~と雪おろしのような風が地上めがけて降りているんだ。

もう春が来たねと安堵気味に順応した体で感じるこの寒さはとんでもなく冷たく感じる冬の寒さでありました。

RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3  17日撮影

ヒステリック

最近職場でまた家庭でも多いのですが「キレる」場面に多く遭遇する。

年度末を迎えて仕事の締め切りが迫ってきたせいもあり、つい身近な相手に八つ当たりする場面を多く見かけるようになった(そういう自分もそうなのだが)。

努めて冷静に対処すれば「逆ギレ」の対象として攻撃を受けてしまうし。

自分の態度が悪いのかなと振り返って考えてみる。

そうかもしれないし、違うようでもあるな。

でもでも、相手の明らかな偏狭心理も気に掛かる。

これって、春先だからかなぁ~

春はちょっとしたつまんない事故が発生しやすいし、ヒューマンエラー的な労災事故も起こりやすい・・なんて聞くけど同じ範疇なのでしょうかねぇ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた僕

健気に咲く小花にホロリとなる

関連記事

  1. マルバマンサク咲く

     「まず、最初に咲く」からマンサクとも言われますが、「じゃあ、ロウバイや福寿…

  2. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  3. 雨雲

    ずっと遠く、山の稜線上で堰き止められた雨雲がだんだん折り重なって、地上と天井…

  4. 燃えない鳥屋野潟、追いつかない頭

    最近、朝は燃えないどころか曇っていて、知らずに白んでいるケースが多い…

  5. 6月14日の朝焼け・鳥屋野潟

    写真は先月14日、鳥屋野潟の朝焼け。Facebookの自身の…

  6. 霧に隠れる鳥屋野潟

    昨日は「夏越の祓」。1年の半分が過ぎ、肉体や精神に溜まったデットックスを洗…

  7. 朝焼と空き缶

    2016年4月23日(土)午前4時40分撮影日ごろの習慣で目が覚める…

  8. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。