春先の気候の変化は心の変調?

マラソンに参加する選手、この寒さをどう耐えているんだろうな(17日の話)。

冷たい風や雨が簾のように天から吹いてきて寒さのあまり腕をさすっていたと思う(時間的にチョッチ早いかな?)。

オイラは此処で喩えようもない冷たい空気に触れていたのでした。

陽が昇り陽射しが雲の向こうからやって来るとその雲の全容が露わになった。

どうやら右から左へ流れている感じ。

フオ~と雪おろしのような風が地上めがけて降りているんだ。

もう春が来たねと安堵気味に順応した体で感じるこの寒さはとんでもなく冷たく感じる冬の寒さでありました。

RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3  17日撮影

ヒステリック

最近職場でまた家庭でも多いのですが「キレる」場面に多く遭遇する。

年度末を迎えて仕事の締め切りが迫ってきたせいもあり、つい身近な相手に八つ当たりする場面を多く見かけるようになった(そういう自分もそうなのだが)。

努めて冷静に対処すれば「逆ギレ」の対象として攻撃を受けてしまうし。

自分の態度が悪いのかなと振り返って考えてみる。

そうかもしれないし、違うようでもあるな。

でもでも、相手の明らかな偏狭心理も気に掛かる。

これって、春先だからかなぁ~

春はちょっとしたつまんない事故が発生しやすいし、ヒューマンエラー的な労災事故も起こりやすい・・なんて聞くけど同じ範疇なのでしょうかねぇ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた僕

健気に咲く小花にホロリとなる

関連記事

  1. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  2. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  3. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  4. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

  7. 染まる鳥屋野潟

    台風12号が新潟から逸れた。ホッとしたが、テレビでその予想進路を知り、複雑…

  8. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。