年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

新潟西港の港湾機能維持の為に信濃川上流域から運ばれてきた堆積土砂の浚渫が始まっていた。

河口を港として利用している以上、この作業は定期的恒久的に続く訳で、その量は年間で凡そ80万㎥なんだそうだ。

80万と言われてもピ~ンとこない。

分かりやすく言えば東京ドームの茶碗で半分よりチョイ上みたい。

みなとぴあ界隈の信濃川左岸にやって来たらデカいドラム缶を浮き輪に細切れのパイプが数え切れないくらいに繋がって河口近くまで延びているのを目にした。

岸辺に係留されたH組の浚渫船からパイプがビロ~ンと。

そのパイプに雪が積もっていて大蛇に見えなくもない。

おそらく上空から眺めれば大きな海ヘビが川を遡ってきたような感じに見えてくるんだろうな。

RICOH GRⅡ

インフル

インフルから回復して月曜日に職場へ行くと、同僚がかなりの数でインフルダウンしていたのだった。

常に顔を合わす人数から割り出すと実に2割だ。

この数字は恐ろしい。

しかも一発目の感染者が私らしい、いや原因菌が私・・そんな噂も出ていたのだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新潟市内で眺めた雪の花

病み上がりに眺めた萬代橋は冷たい

関連記事

  1. 出港

    佐渡汽船『あかね』が新潟港から出港していく。だんだん小さくな…

  2. ダイハツじゃない

    おもむろに「大八車って知ってるか」と、わたくし。「知ってるよ!ダイハツの車…

  3. 小屋番する猫・にゃろめぇ~!

    なんだぁ~・・ニャロメェ~。太陽が眩しいんじゃないぞ、オレを…

  4. それぞれの ♪夕焼け小焼け♪

    今日2日の♪夕焼け小焼け♪はこんな感じだった。北陸自動車道は…

  5. 轍のむこう

    小屋番している半ノラを認めるも陽は雲の中。雲間から太陽が覗いてから猫…

  6. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  7. ブタ猫 チビタン

     子猫の頃からよく親猫が裏庭に連れてきていた。ほかに別家族の野良猫もいたがこ…

  8. 浜猫・小屋番する猫

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。