予期せぬ朝焼け・福島潟

11月25日の福島潟、夜明けの写真です。

山ぎわがこんなに明るくなってからでも燃えるときは燃えるんですね。

知らなかったなぁ~。

事実、知り合いが離れた場所で撮影していたのですが、朝焼けを待たずに撤収した人が何人かいたとのこと。

オイラも少なからず興ざめしていたところでしたね。

夜明け前なんか、雲が天頂付近まで整然と並んで見えたんだから。それが日の出が近づくにつれて、アレヨ、アレヨと空の中に消えていく。

期待していた分だけ、ショックも大きいんだ。

それが急に色づきだしたのだから、オッ、オオ~と。

24㎜、35㎜、55㎜と急いでレンズを取り換え画角を決めていく。

写真は55㎜レンズ。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 55 f/2.8s NikonF3

見ちゃったもんね

丸4年ぶりにフィルム使いを見た。

アチラも興味津々な様子。

撮影後はフィルムやらその保管用品、レンズやカメラの修理などの話で大いに盛り上がったのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

だ~れもいない

ホタテなキノコ

関連記事

  1. 福島潟・夜明け

    島崎藤村の『夜明け前』を読んだ人ってどれだけいるだろう。僕はホント言…

  2. 静かな夜明け

    2015年12月23日(祝)撮影 たなびいたすじ雲が少しずつ朱色に染まり出す…

  3. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  4. 寂しいコハク

    11月5日土曜日早朝、畦の小径でうずくまったコハクチョウ幼鳥と出会う…

  5. 霞む二王子岳

    二王子岳を撮影した状況登山家の田中 陽希さんが番組「グレートトラバーズ2」…

  6. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、遠く…

  7. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  8. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

コメント

    • くわたろう
    • 2018年 12月 14日

    こんばんは。
    ほぼ同じタイミングで同じ方角を撮っていましたね。
    私のと見比べて、思い出していました。
    明日は、仕事で明後日は天気次第といったところです。

    • 今晩は くわたろうさん
       記事の「知り合いが・・」は、あなたのこと。あれから、漸く1本撮り終えました。明日の土曜日は仕事、日曜日はフル出勤です。写真なかなか撮れないなぁ~。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。