翅を一杯に広げるベニシジミ

翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。

翅をたたむと十円玉の直径にも満たない小さな体。それでもって光や熱を一寸でも逃すまいとする姿に健気さを感じてしまいました。

この日は冷えて地上近くでは霧がたむろしていた。

それがグングンと太陽が上るにつれて光がサンサン。

きらめいていた朝露も一気に消え失せてしまう勢いです。

小さな花園が通りの端にあるのですが、そこにちょこんと紅の色。

静かに近づいてみたら、それはベニシジミでした。

長い2本の“髭”にはまだ小さな小さな水滴がまとわりついていましたが、翅はすっかり乾いた様子。

もう飛び立ってもよさそうな感じです。

邪魔しないようにゆっくりとした動作で、これまた静か~にシャッターを押したつもりなのですが、一度限りで終了。

図らずも予感は的中したのでしたが、だったら、もっと別なアングルで近づくことが出来なかったものかな~なんて反省する1枚になってしまいました。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3 4日撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眠れたかい?

坊主頭

関連記事

  1. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

  2. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  3. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  4. 冬野

    夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろ…

  5. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  6. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  7. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  8. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。