翅を一杯に広げるベニシジミ

翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。

翅をたたむと十円玉の直径にも満たない小さな体。それでもって光や熱を一寸でも逃すまいとする姿に健気さを感じてしまいました。

この日は冷えて地上近くでは霧がたむろしていた。

それがグングンと太陽が上るにつれて光がサンサン。

きらめいていた朝露も一気に消え失せてしまう勢いです。

小さな花園が通りの端にあるのですが、そこにちょこんと紅の色。

静かに近づいてみたら、それはベニシジミでした。

長い2本の“髭”にはまだ小さな小さな水滴がまとわりついていましたが、翅はすっかり乾いた様子。

もう飛び立ってもよさそうな感じです。

邪魔しないようにゆっくりとした動作で、これまた静か~にシャッターを押したつもりなのですが、一度限りで終了。

図らずも予感は的中したのでしたが、だったら、もっと別なアングルで近づくことが出来なかったものかな~なんて反省する1枚になってしまいました。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3 4日撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眠れたかい?

坊主頭

関連記事

  1. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせい…

  2. 冬野

    夜明け前に駐車場に着いていながら「早すぎたかな ちょこっと目をつむろ…

  3. 9月の太陽

    この写真、福島潟で撮ったのだけど、どの時期か実のところチンプンカンプ…

  4. からまる

     朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがなんでも…

  5. 白鳥は内股で歩く

    大きさは僕の手の平ほど。これで水かきがあるということは白鳥で…

  6. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  7. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  8. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。