翅を一杯に広げるベニシジミ

翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。

翅をたたむと十円玉の直径にも満たない小さな体。それでもって光や熱を一寸でも逃すまいとする姿に健気さを感じてしまいました。

この日は冷えて地上近くでは霧がたむろしていた。

それがグングンと太陽が上るにつれて光がサンサン。

きらめいていた朝露も一気に消え失せてしまう勢いです。

小さな花園が通りの端にあるのですが、そこにちょこんと紅の色。

静かに近づいてみたら、それはベニシジミでした。

長い2本の“髭”にはまだ小さな小さな水滴がまとわりついていましたが、翅はすっかり乾いた様子。

もう飛び立ってもよさそうな感じです。

邪魔しないようにゆっくりとした動作で、これまた静か~にシャッターを押したつもりなのですが、一度限りで終了。

図らずも予感は的中したのでしたが、だったら、もっと別なアングルで近づくことが出来なかったものかな~なんて反省する1枚になってしまいました。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3 4日撮影 福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眠れたかい? エノコログサの懐で一夜を明かしたアキアカネ・NikonF3

坊主頭

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのド…

  5. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  6. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。