セイタカアワダチソウの花芽の下

セイタカアワダチソウがこんもり盛り上がって、黄色く熟してきたぞ。

以前ススキや葦が生えていた場所が今はコイツらの独壇場となっちまった。

外来種ということで厄介者扱いされる彼らなんだが、整然と並んだ姿に凜々しさを感じてしまうのは俺だけか?

ススキ野原が狭まってきたのは間違いないのだが、なにも彼らに罪はない。

こうした考えは人間界では“モラハラ”というのかな。

写真はマラソン人が通り過ぎて、静寂を取り戻した鳥屋野潟公園での一コマ。

「さっきのあの喧噪は一体何だったんだ?」

カマキリさんがアワダチョソウの懐で呟いていたところをパシャリした。

呟いていないけど、そう感じた雰囲気が多少はあったような。

カマキリの種類が分かりません!

目下、鳥屋野潟公園では『カマキリ祭り』を開催中。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  鳥屋野潟 8日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

露に一葉/紋白蝶

焼けそうで 焼けない鳥屋野潟

関連記事

  1. 綿毛

    2015年4月26日(日)撮影 鳥屋野潟公園”流れ”の小径脇。岸辺の土手近く…

  2. Red and Black

    ~新潟市/鳥屋野潟の夜明け~ 写真は2014年の6月3日に撮影している。後に…

  3. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  4. 朝焼けと爺さん

    じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目か…

  5. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  6. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  7. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  8. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。