セイタカアワダチソウの花芽の下

セイタカアワダチソウがこんもり盛り上がって、黄色く熟してきたぞ。

以前ススキや葦が生えていた場所が今はコイツらの独壇場となっちまった。

外来種ということで厄介者扱いされる彼らなんだが、整然と並んだ姿に凜々しさを感じてしまうのは俺だけか?

ススキ野原が狭まってきたのは間違いないのだが、なにも彼らに罪はない。

こうした考えは人間界では“モラハラ”というのかな。

写真はマラソン人が通り過ぎて、静寂を取り戻した鳥屋野潟公園での一コマ。

「さっきのあの喧噪は一体何だったんだ?」

カマキリさんがアワダチョソウの懐で呟いていたところをパシャリした。

呟いていないけど、そう感じた雰囲気が多少はあったような。

カマキリの種類が分かりません!

目下、鳥屋野潟公園では『カマキリ祭り』を開催中。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  鳥屋野潟 8日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

露に一葉/紋白蝶

焼けそうで 焼けない鳥屋野潟

関連記事

  1. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  2. 寸光

    他人との繋がりに“疲労”を感じる時があります。届いたメールの返事が遅れると…

  3. 何だか嬉しいニイニイゼミ

    新潟市・鳥屋野潟公園子供の頃、セミと言えばアブラゼミで時たま…

  4. 森のきのこ

    2015年9月12日(土)撮影週末、久しぶりに晴れ間が広がり…

  5. 半分、赤い・・鳥屋野潟

    なんだか、“半分、赤い”焼ける前から雲の動きを見ていて「これは半分だけかも…

  6. 冬の きのこ

    この冬のキノコ、シイタケ? ヒラタケ? それとも他の種類でしょうか。触って…

  7. 鳥屋野潟は霧の中

    新潟市の鳥屋野潟ですが、この日(2日)はこんな感じ。対岸の街並みどころか、太…

  8. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。