東雲色の鳥屋野潟

2015年5月1日(金)撮影
 上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の朝の大気
が上空を薄く覆っていました。
水分を多く含んだ大気のせいで、遠く山際が霞みがかって見えます。
昇ってくる太陽の陽を反射して、やがて赤く染まり出すのですが、
この日は、文字通り”東雲色”の朝焼けを眺めることが出来ました。
 春霞が濃いのでしょう、顔をのぞかせた太陽はいつになく弱々しく見え
ます。しかし、その周辺部はいよいよその濃さを増し、拡がる一方で、
水面(みなも)にも綺麗な色合いで映し出されていました。
 「こんな状態で、雲が薄くたなびいていれば、清少納言のあの有名
な一節そのものだな」なんて思いはしたが、腕時計を確認して一気に
現実に引き戻されました。
「はよしねば、まにあわね」(早くしないと、間に合わない)。
出勤時間が近づいていました。
 RVP100 105㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蘇ったサワオグルマ

春霞のハンノキ

関連記事

  1. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  2. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  3. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  4. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いた…

  5. 火の粉が湖面に降り注ぐ

    RICOH・GRⅢ(8月21日土曜日撮影)雲が燃えて火の粉が湖面に降り注…

  6. 寒そうな黄色いマンサク

    昨日から昼前から雪が本格的に降りだす。現在20センチ近い。昨日朝、なんにも…

  7. 天女はどこへ消えた? 

    天女の羽衣みたいに見えたのは気のせいかな。現像が出来上がってくる間、「露出…

  8. 6月22日午前4時7分

    夏至を一日過ぎた22日の鳥屋野潟。太陽の位置はよく判らないけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。