デジカメと親父的思考

おったまげましたねぇ~

写真の四隅が黒く沈んで見えますね。

これはレンズの性能評価の一つでもある「周辺光量不足」であって、昔はレンズの出来具合の指標にもなっていたのです。

そんな表現をワザワザ人為的に創り出す方法がカメラの内部に組みこまれていたのですね。

試しに使ってみましたが、これは写真じゃないような。

「真を写す」なんていうキャッチフレーズが雑誌等で目を引きましたが、「真を加工する」と正直思いました。

まぁ、かたぶつな頭なんだから「最初は仕方ないか」程度に思ってください。

言っておくけど、“文句”じゃないよ。

“グチ”というヤツだ。

“グチ”は時に心変わりする。

RICOH GRⅡ 22日午前5時  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

盆前・燃えない鳥屋野潟

“縄文田んぼ”に朝がきた

関連記事

  1. みんな霧のなか

    冬場は夕食時、鍋になる時が実に多い。昨日は“豚だし鍋”だった…

  2. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  3. 半ベソかく前の鳥屋野潟

    先月21日に掲載した『半ベソかいた鳥屋野潟』の数分前にリバーサルフィルムで撮…

  4. イシミカワの実

    2015年9月22日(祝)撮影「かわいい!」と近づき、ツルを…

  5. 夜明け前

    2015年9月下旬撮影/鳥屋野潟・上沼橋から 掲載写真は真北の方向で、遠く見…

  6. 露の蝶

     セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。晴れて、気温が下がった…

  7. 燃える水面

    今朝の鳥屋野潟は戸惑いましたぁ~。地上近くに雲の帯が真北から東にかけ、…

  8. 萌える

    2016年4月10日(日)撮影 桜は眺め、その美しさに感嘆するが、撮るとなる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。