デジカメと親父的思考

おったまげましたねぇ~

写真の四隅が黒く沈んで見えますね。

これはレンズの性能評価の一つでもある「周辺光量不足」であって、昔はレンズの出来具合の指標にもなっていたのです。

そんな表現をワザワザ人為的に創り出す方法がカメラの内部に組みこまれていたのですね。

試しに使ってみましたが、これは写真じゃないような。

「真を写す」なんていうキャッチフレーズが雑誌等で目を引きましたが、「真を加工する」と正直思いました。

まぁ、かたぶつな頭なんだから「最初は仕方ないか」程度に思ってください。

言っておくけど、“文句”じゃないよ。

“グチ”というヤツだ。

“グチ”は時に心変わりする。

RICOH GRⅡ 22日午前5時  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

盆前・燃えない鳥屋野潟

“縄文田んぼ”に朝がきた

関連記事

  1. 8月最終の朝焼けに僕だけの時間を楽しんだ・Ric…

    RICOH gr3x月末の朝焼けだ。早いもんで、今年はあと4ヶ月…

  2. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  3. 「あやめ」「カキツバタ」「花菖蒲」ホントは何?

    鳥屋野潟公園8時過ぎ。かめ吉たんぼの池周辺であやめの撮影。「花菖蒲」「…

  4. ORANGE・BAND

    公園の樹木や街中の木々が一斉に色付き始めたようだ。標高の高い地域では…

  5. 抜け殻に想う

    昨年夏の終わり頃から気になっていて、何度も様子を伺いに来ていた。なか…

  6. 寒そうな黄色いマンサク

    昨日から昼前から雪が本格的に降りだす。現在20センチ近い。昨日朝、な…

  7. 赤い実とカマキリの卵・いつの間にか秋が終わってい…

    2015年11月23日(祝)撮影いつの間にか秋が終わっていたんだな。…

  8. 極彩色な鳥屋野潟

    出勤前の鳥屋野潟の朝焼け撮影、なんとか食らいついてきましたが、そろそろ限…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。