デジカメと親父的思考

おったまげましたねぇ~

写真の四隅が黒く沈んで見えますね。

これはレンズの性能評価の一つでもある「周辺光量不足」であって、昔はレンズの出来具合の指標にもなっていたのです。

そんな表現をワザワザ人為的に創り出す方法がカメラの内部に組みこまれていたのですね。

試しに使ってみましたが、これは写真じゃないような。

「真を写す」なんていうキャッチフレーズが雑誌等で目を引きましたが、「真を加工する」と正直思いました。

まぁ、かたぶつな頭なんだから「最初は仕方ないか」程度に思ってください。

言っておくけど、“文句”じゃないよ。

“グチ”というヤツだ。

“グチ”は時に心変わりする。

RICOH GRⅡ 22日午前5時  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

盆前・燃えない鳥屋野潟

“縄文田んぼ”に朝がきた

関連記事

  1. 冷たいカオス

    近づいてくるワンちゃんより先にこの氷溜まりを覗き込んだ。めぼ…

  2. 一人の時間 川の流れ

    雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。とうに夜が明けて遠くから…

  3. Ice Fish

    これ、凍り付いた水溜まりの一部をを真上から切りとった。ブクブ…

  4. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

  5. カツラの若葉

    2015年4月19日(日)撮影 日の出撮影後、そのまま鳥屋野潟公園へ直行です…

  6. 音のしない鳥屋野潟

    8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。夏至の頃に比べ、およそ40分も日…

  7. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  8. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速受取に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。