カマキリの大股開き

視線の先にはクモ。

カマキリの種類?

そんなこと分かりませんね。

この方、クモがやって来るまでオイラに向かっていろんなことを試みておりました。

枯れ枝に腹を乗っけてブラン、ブランしたり、体を前後にユラユラ動かしてみたり。

よほど危険を感じていたんだなぁ~と思ったら、それ以上動けなくなってしまった。

ゴメンなさいね!

それで1時間以上静かに観察していたら、クモがやって来たという訳だ。

そしたらそれまでのオイラに対するヘナヘナ態度なんか吹っ飛んだみたい。

一気に狩りをする姿に豹変したもんね。

写真はレンズの絞り開放f4で、1/60秒の明るさになるまで粘って撮った。

カメラの出目数値は頭に入っていない。

全くの勘で撮影したのであるが、ちょこっと露出が暗すぎた気がしないでもない。

この後、獲物に飛びついてムシャムシャ食べているシ~ンも撮影しているが、10分ほどの間にクモの手足まで全部食べてしまうんだな。

よほどお腹が空いていたのだろう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5   鳥屋野潟(スポーツ公園側)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

半ベソかいた鳥屋野潟

盆前・燃えない鳥屋野潟

関連記事

  1. ビッグスワンXmas・version/UFO

    2015年12月9日(水)撮影 (題名も文面も一部変更)カナ…

  2. 散り花

    2015年5月3日(日)撮影 鳥屋野潟公園の一角。八重桜の花びらが、その役目…

  3. 光の道

    私の部屋の窓からは東から北にかけての空が丸見え。夜は布団を敷いた状態で、寝方…

  4. 香り漂うロウバイの花

    1月8日に撮影したロウバイの花です。休み前に現像が上がってきましたが、13…

  5. 眩しい鳥屋野潟

    写真は5月22日、リバーサルフィルム。モヤッとな朝焼けが続い…

  6. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  7. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  8. オニグルミの雌花

    2015年5月6日(水) 正午頃撮影雌雄同一株で、雄花は10…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。