カマキリの大股開き

視線の先にはクモ。

カマキリの種類?

そんなこと分かりませんね。

この方、クモがやって来るまでオイラに向かっていろんなことを試みておりました。

枯れ枝に腹を乗っけてブラン、ブランしたり、体を前後にユラユラ動かしてみたり。

よほど危険を感じていたんだなぁ~と思ったら、それ以上動けなくなってしまった。

ゴメンなさいね!

それで1時間以上静かに観察していたら、クモがやって来たという訳だ。

そしたらそれまでのオイラに対するヘナヘナ態度なんか吹っ飛んだみたい。

一気に狩りをする姿に豹変したもんね。

写真はレンズの絞り開放f4で、1/60秒の明るさになるまで粘って撮った。

カメラの出目数値は頭に入っていない。

全くの勘で撮影したのであるが、ちょこっと露出が暗すぎた気がしないでもない。

この後、獲物に飛びついてムシャムシャ食べているシ~ンも撮影しているが、10分ほどの間にクモの手足まで全部食べてしまうんだな。

よほどお腹が空いていたのだろう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5   鳥屋野潟(スポーツ公園側)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

半ベソかいた鳥屋野潟

盆前・燃えない鳥屋野潟

関連記事

  1. 全滅

    インフルA型に感染し、床に伏しておりました。生産的戦闘能力なんてあってたま…

  2. 冬の きのこ

    この冬のキノコ、シイタケ? ヒラタケ? それとも他の種類でしょうか。触って…

  3. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  4. 落ち葉とロングドレス

    2015年11月15日(日)撮影雨脚が弱まって、公園に行って…

  5. ヤマトシジミちゃん

    2015年8月30日(日)撮影ヤマトシジミ。小っちゃい。翅の表は…

  6. 銀杏と銀杏

    ややこしや~「イチョウとギンナン」とキーボードを叩いたら『銀杏と銀杏』と表…

  7. 雨雲

    ずっと遠く、山の稜線上で堰き止められた雨雲がだんだん折り重なって、地上と天井…

  8. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。