炎天下のクロイトトンボ

このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっても、いずれこの草木に戻っていた。

それで、「もしかするともしかするかも」と、主が留守の間に三脚をセットして、待っていたらやって来た。

ただ、「なんか、雰囲気、違う」と、感じたのだろう。

それまで何回もとまっていた葉先でなく、テッペンに“着地”した。

すかさずパシャリ。

笹の葉に陽の直射がモロにあたって露出値が一気に上がるも、修正する余裕ナシ。

撮ったときは少なからず、興奮したのですが、現像仕上がりをチェックしたらそれほどでもない。

何だったのだろう?あのドキドキ感は。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  7月中旬撮影  阿賀野市

山清水

撮影序でに汲んでくる。10㍑ポリ容器1個分。

その水でコーヒーを淹れたり、ご飯炊いたりする。

先日、汲み場でよく会うご夫婦に水の使用例を尋ねてみた。

茶事や生け花の水にも使うとのこと。

「生け花には水の効用を感じます」なんて言っていたなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キアゲハの死なない生き方

音のしない鳥屋野潟

関連記事

  1. 息を吹き返した終い花

    カキツバタの終い花に黄緑色した命が宿った。風が吹いて右に左に、時に前…

  2. 棘の門

    錆び付いた針の門の前で車を止めた。有刺鉄線の向ではかつて汗して働く労…

  3. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  4. この時期、紫と言えば カキツバタ?

    この時期、野山へ出掛けると、身の丈目線で『緑と紫』の取り合わせが絶妙…

  5. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  6. すぐそこにある春

    写真は3月25日午前10時頃、関川村・鷹巣で撮影したもの。こ…

  7. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大…

  8. 胎内市・金峯神社のシラネアオイ

    天女の羽衣・シラネアオイ

    先月20日の撮影です(大大大連休中で現像できなかった)。胎内…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。