炎天下のクロイトトンボ

このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっても、いずれこの草木に戻っていた。

それで、「もしかするともしかするかも」と、主が留守の間に三脚をセットして、待っていたらやって来た。

ただ、「なんか、雰囲気、違う」と、感じたのだろう。

それまで何回もとまっていた葉先でなく、テッペンに“着地”した。

すかさずパシャリ。

笹の葉に陽の直射がモロにあたって露出値が一気に上がるも、修正する余裕ナシ。

撮ったときは少なからず、興奮したのですが、現像仕上がりをチェックしたらそれほどでもない。

何だったのだろう?あのドキドキ感は。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  7月中旬撮影  阿賀野市

山清水

撮影序でに汲んでくる。10㍑ポリ容器1個分。

その水でコーヒーを淹れたり、ご飯炊いたりする。

先日、汲み場でよく会うご夫婦に水の使用例を尋ねてみた。

茶事や生け花の水にも使うとのこと。

「生け花には水の効用を感じます」なんて言っていたなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キアゲハの死なない生き方

音のしない鳥屋野潟

関連記事

  1. チョウトンボ

    アヤメなんだか菖蒲なんだかよく分かりませんが、その葉っぱ、いや茎?の根元近く…

  2. 四頭身美人

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

  3. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  4. 緑の中のベニシジミ

    16日の午前中、胎内市にある胎内昆虫の家に行ってきた。一般客410円の入場…

  5. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  6. 墓守りの木

    この木の近くに墓地がある。畑もあるけど、お墓の存在は大きい。それで一人で勝…

  7. 清楚な佇まい・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  8. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。