炎天下のクロイトトンボ

このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっても、いずれこの草木に戻っていた。

それで、「もしかするともしかするかも」と、主が留守の間に三脚をセットして、待っていたらやって来た。

ただ、「なんか、雰囲気、違う」と、感じたのだろう。

それまで何回もとまっていた葉先でなく、テッペンに“着地”した。

すかさずパシャリ。

笹の葉に陽の直射がモロにあたって露出値が一気に上がるも、修正する余裕ナシ。

撮ったときは少なからず、興奮したのですが、現像仕上がりをチェックしたらそれほどでもない。

何だったのだろう?あのドキドキ感は。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  7月中旬撮影  阿賀野市

山清水

撮影序でに汲んでくる。10㍑ポリ容器1個分。

その水でコーヒーを淹れたり、ご飯炊いたりする。

先日、汲み場でよく会うご夫婦に水の使用例を尋ねてみた。

茶事や生け花の水にも使うとのこと。

「生け花には水の効用を感じます」なんて言っていたなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キアゲハの死なない生き方

音のしない鳥屋野潟

関連記事

  1. 人知れず咲く花の名は?

    2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰…

  2. 出会いは突然に

    まさかの登場にドッキドキになった。こういう出会いは体に良くない。…

  3. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  4. カジカガエル

    夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていまし…

  5. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  6. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  7. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  8. 撮って盗られた大岩鏡

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。