炎天下のクロイトトンボ

このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっても、いずれこの草木に戻っていた。

それで、「もしかするともしかするかも」と、主が留守の間に三脚をセットして、待っていたらやって来た。

ただ、「なんか、雰囲気、違う」と、感じたのだろう。

それまで何回もとまっていた葉先でなく、テッペンに“着地”した。

すかさずパシャリ。

笹の葉に陽の直射がモロにあたって露出値が一気に上がるも、修正する余裕ナシ。

撮ったときは少なからず、興奮したのですが、現像仕上がりをチェックしたらそれほどでもない。

何だったのだろう?あのドキドキ感は。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  7月中旬撮影  阿賀野市

山清水

撮影序でに汲んでくる。10㍑ポリ容器1個分。

その水でコーヒーを淹れたり、ご飯炊いたりする。

先日、汲み場でよく会うご夫婦に水の使用例を尋ねてみた。

茶事や生け花の水にも使うとのこと。

「生け花には水の効用を感じます」なんて言っていたなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

キアゲハの死なない生き方

音のしない鳥屋野潟

関連記事

  1. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。