広がる朝焼け/鳥屋野潟

台風の影響か、夜明け前からムッとする南風が時折吹いて、その度に岸辺から沸き上がる臭気や草いきれが攪拌され、草藪の中にしゃがんでいるのが苦になった。

凸凹ある低く垂れ込めた雲の塊は上空高くたなびくそれとは真逆の左へと流れては、見る間に千切れていく。

そのうち朝の光が染みこんで、曇の輪郭が浮かび上がって来ました。

急速に頭上へと広がるその様を見て、慌てて24㎜の広角レンズに取り換えて撮影したのがご覧の写真。

28日土曜の朝のことでした。

RVP100  NikonF5    新潟市・鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

街の音・鳥屋野潟

紋のある白い蝶

関連記事

  1. 冬の きのこ

    この冬のキノコ、シイタケ? ヒラタケ? それとも他の種類でしょうか。触って…

  2. 一人の時間 川の流れ

    雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。とうに夜が明けて遠くから…

  3. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  4. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  5. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

  6. 名も知らぬ草

    『身近な自然』をライフワークにして、気の向くままパシャパシャやっているつ…

  7. マンサク花火

    晴れた日の九時台、風も無い。公園のマンサクの花を撮ってみた。花房みたいに異…

  8. 初々しい 新芽

    午後になり陽が射し始める。入院中の女房は順調で「焼きプリン買ってきて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。