白くないモンシロチョウ

何じゃこりゃ?

モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄色くない。

裏翅の斑紋からモンシロチョウと、結論づけたが間違っていたらゴメンナサイ。

花はなんだ?

オニタビラコかノゲシの終い花か。

いずれにせよ、フワフワとやって来て、オイラの体を廻り込んで前に出ると、この花にとまったのだった。

しかし中途半端な色付きだなぁ。

モンシロチョウだとはすぐに分かったが、視線のずっと先、セリ科の花にとまったモンシロチョウの色に比べたら格段に黄色い色が乗ってるなぁ。

写真では露出不足にすると黄ばんで見えるので、そのへんのところを注意して撮影しています。

ご覧になるモニター画面にもよりますが、実際に見た感じに近い発色をしているポジを使用しています。

RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5 新発田市 14日午後撮影

フィルムスキャン

出力解像度・長辺1,000Pixelでスキャンしています。

ブログの写真は小さいですがFacebookページ版では相応の大きさで見られます。

そうだ。

Facebookページ版『とみとみの新潟フォトブログ』ですが、独自に作成したブログとの連携が上手くいかず、しばらくの間、閉鎖しておりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

保護色

染まる鳥屋野潟

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 白黒写真・水芭蕉

    今年3月末に撮影した水芭蕉。富士フィルムのリバーサルフィルムRVP1…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同級生の仲…

  5. 散りゆくまえに

    雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. チューリップ畑-2

    相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。春の気配なんて風雪で…

  8. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。