落ち葉とフキノトウ

2014年4月(昨年です) 関川村鷹巣キャンプ場にて撮影
 今年のフキノトウの撮影も散々だった。多くの方が同感と
思うが、とにかく春が10日ほど早くやって来て、あっという間に
過ぎ去った。撮影日誌にも「4月12日、春終わり」と書いてある。
何なんだ?いや、待てよ!年齢を重ねるたびに、時間の経過が
速まっていくように感じる・・・それなのか?そんな訳ない!
 話戻って、フキノトウ。関川村の鷹巣はクヌギなどの落葉広葉樹
がその中心部を覆い、際に行くほど針葉樹が多い。必然中心部の
すり鉢状の大地では落ち葉が幾重にもたい積していく。
 その端と言ったら良いのかな、半分地膚が覗いて見えるような
枯れ葉の中から、文字通りフキノトウが顔を出した。
 ゆっくりと力強く頭をもたげてきたせいで落ち葉がフキノトウ
を布団のように包み込んでいるようだ。
 それにしても綺麗で食べ頃のフキノトウが沢山芽吹いている。
「春だと感じるときはどんな時?」と聞かれるとやっぱ蕗の薹を見かけた時。
それと、空高くヒバリのピリピリ声かな。
 RVP100 55㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟 6月

大きめのフキノトウ

関連記事

  1. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気…

  2. 元日の雪・大輪寺

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3この…

  3. カワセミ 600㎜マニュアル望遠レンズで瞬時にピ…

    梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミ…

  4. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

  5. キアゲハの死なない生き方・一体なにが起きたのだろ…

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも、間一髪…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 白花

    2016年4月12日午後撮影/関川村カタクリ、キクザキイチゲは既にその…

  8. 白黒写真・水芭蕉

    今年3月末に撮影した水芭蕉。富士フィルムのリバーサルフィルムRVP1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。