落ち葉とフキノトウ

2014年4月(昨年です) 関川村鷹巣キャンプ場にて撮影
 今年のフキノトウの撮影も散々だった。多くの方が同感と
思うが、とにかく春が10日ほど早くやって来て、あっという間に
過ぎ去った。撮影日誌にも「4月12日、春終わり」と書いてある。
何なんだ?いや、待てよ!年齢を重ねるたびに、時間の経過が
速まっていくように感じる・・・それなのか?そんな訳ない!
 話戻って、フキノトウ。関川村の鷹巣はクヌギなどの落葉広葉樹
がその中心部を覆い、際に行くほど針葉樹が多い。必然中心部の
すり鉢状の大地では落ち葉が幾重にもたい積していく。
 その端と言ったら良いのかな、半分地膚が覗いて見えるような
枯れ葉の中から、文字通りフキノトウが顔を出した。
 ゆっくりと力強く頭をもたげてきたせいで落ち葉がフキノトウ
を布団のように包み込んでいるようだ。
 それにしても綺麗で食べ頃のフキノトウが沢山芽吹いている。
「春だと感じるときはどんな時?」と聞かれるとやっぱ蕗の薹を見かけた時。
それと、空高くヒバリのピリピリ声かな。
 RVP100 55㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟 6月

大きめのフキノトウ

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  3. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  4. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  5. “縄文田んぼ”に朝がきた

    今日26日は待ちに待った日曜日。娘は昨日の"音髭”を飛び跳ね…

  6. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。