落ち葉とフキノトウ

2014年4月(昨年です) 関川村鷹巣キャンプ場にて撮影
 今年のフキノトウの撮影も散々だった。多くの方が同感と
思うが、とにかく春が10日ほど早くやって来て、あっという間に
過ぎ去った。撮影日誌にも「4月12日、春終わり」と書いてある。
何なんだ?いや、待てよ!年齢を重ねるたびに、時間の経過が
速まっていくように感じる・・・それなのか?そんな訳ない!
 話戻って、フキノトウ。関川村の鷹巣はクヌギなどの落葉広葉樹
がその中心部を覆い、際に行くほど針葉樹が多い。必然中心部の
すり鉢状の大地では落ち葉が幾重にもたい積していく。
 その端と言ったら良いのかな、半分地膚が覗いて見えるような
枯れ葉の中から、文字通りフキノトウが顔を出した。
 ゆっくりと力強く頭をもたげてきたせいで落ち葉がフキノトウ
を布団のように包み込んでいるようだ。
 それにしても綺麗で食べ頃のフキノトウが沢山芽吹いている。
「春だと感じるときはどんな時?」と聞かれるとやっぱ蕗の薹を見かけた時。
それと、空高くヒバリのピリピリ声かな。
 RVP100 55㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟 6月

大きめのフキノトウ

関連記事

  1. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  2. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  3. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  4. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  5. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで…

  6. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  7. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  8. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。