折り返しの朝・福島潟

観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“ナントな朝焼け”かも(1日のことです)。

暗雲が現れた24時間前と比べ、スッコ~ンと抜けた空は眠たげな眼をパチッと開き、空のずっと、ずっ~と先々まで見通せるような気分にさせる。

土手の上を歩いてみると、まだ眠ったままの草むらの中からイトトンボが左右にあふれ出した。

こないだまで綺麗に刈り取られた草むらのせいで、イトトンボの姿が全然見えない・・・そう思っていたのが恥ずかしい。

あふれ出すイトトンボ

朝露をまとった躰だから飛び上がろうとしても、思うようにいかないのだろうか。

蓮畑を眺めれば蕾がたくさん(1日の話)。

RVP100 AI-Nikkor 24 f/2.8s NikonF5     福島潟

蝉の声と耳鳴り

山里の林の中や、池の畔で聞こえてくる蝉時雨、それが家に戻っても聞こえている。

頭の裏側からかなりの高音域でシャ~・・と連続して。

就寝前なんかは特にそうだ。

口を大きく開いて顎をガクガクさせたり、唾を飲み込んだりすると、一旦は収まる。

仕事中はというと・・それが意識してないんですね。

そんな程度なんだが、気になり出すと、気になってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

裏葉色と朱色

ねじの回転

関連記事

  1. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  2. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  3. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  4. 夜の竜巻ハウス

    早朝6時過ぎに到着。竜巻ハウスに照明が灯っている。「ガン観察…

  5. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  7. 眠れたかい?

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、この光…

  8. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。