折り返しの朝・福島潟

観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“ナントな朝焼け”かも(1日のことです)。

暗雲が現れた24時間前と比べ、スッコ~ンと抜けた空は眠たげな眼をパチッと開き、空のずっと、ずっ~と先々まで見通せるような気分にさせる。

土手の上を歩いてみると、まだ眠ったままの草むらの中からイトトンボが左右にあふれ出した。

こないだまで綺麗に刈り取られた草むらのせいで、イトトンボの姿が全然見えない・・・そう思っていたのが恥ずかしい。

あふれ出すイトトンボ

朝露をまとった躰だから飛び上がろうとしても、思うようにいかないのだろうか。

蓮畑を眺めれば蕾がたくさん(1日の話)。

RVP100 AI-Nikkor 24 f/2.8s NikonF5     福島潟

蝉の声と耳鳴り

山里の林の中や、池の畔で聞こえてくる蝉時雨、それが家に戻っても聞こえている。

頭の裏側からかなりの高音域でシャ~・・と連続して。

就寝前なんかは特にそうだ。

口を大きく開いて顎をガクガクさせたり、唾を飲み込んだりすると、一旦は収まる。

仕事中はというと・・それが意識してないんですね。

そんな程度なんだが、気になり出すと、気になってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

裏葉色と朱色

ねじの回転

関連記事

  1. 青空と白鳥

      白鳥の飛ぶ姿は綺麗だが、写真にするのはオイラは苦手。若い頃、青空を背景…

  2. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。…

  3. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  4. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  5. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  6. 夜明け・福島潟

    島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮…

  7. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  8. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。