水玉とキイトトンボ

近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着陸”場所を探しているようだ。

私がその場に居ることが彼にとってはものすごく煩わしいみたい。

それでいながら付かず離れず状態。

「嫌だったら、いっそのこと思い切って、遠くへ行ってしまえばよいのに」

と、こちらは思う。

「スギナは広がっているし、環境が変わるわけでもないし」

どうであれ、またしてもスギナにとまった。

スギナは朝露かそれとも茎の節々から水を吐き出しているのか知らないが、その水玉がキラリ輝いた。

この状態で朝陽でも射してくれれば・・けれども朝陽は届いてこない。

接写リング

馴染みのカメラ屋にNikonの接写リング、【PK-11A】【PK-12】【PK-13】が店頭在庫としていつまでも残っていた。

棚の真ん中に陳列されていたにもかかわらず、ずっとある。

ホコリこそ被ってなかったけど、視界に入ってくるそいつらが気になって来た。ハッチョウトンボを撮影すると、その小ささに参ってしまう。

「もうちょっと大きく撮れないかな?」

その撮影と目にする彼らの存在がシンクロして購入したのだった。

値札を見て仰天したのは言うまでもない。売れ残っているのだから。化粧箱が多少傷んでいる程度で、中身はいずれも“新品”。

写真は【PK-13】105㎜f2.8マイクロレンズに取り付け撮ったもの。

最短付近で撮影。

これでも普通に出回っている等倍マイクロレンズで写した大きさに及ばない。

RDPⅢ NikonF3  阿賀野市 7月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

W杯/日本対ベルギー ハーフタイムの福島潟

裏葉色と朱色

関連記事

  1. ヨシゴイ 幼鳥

    過去写真(遠い過去)瓢湖にて7月下旬に撮影したものと思います。ヨシゴイの…

  2. コゲラ

    コゲラです。 以前、新発田市滝沢森林公園で撮影した写真です。親鳥が虫を咥えて…

  3. 開花後のカタクリ

    2012年4月24日 角田山、五箇峠登山口駐車場6時着。既に5割程度の車あ…

  4. ジュンサイ摘み

    10日曇天で、風がチョイ気になる中、恒例の『ジュンサイ摘み』が始まった。…

  5. 松前丸・左側面の青

    RVP100 cosina voigtlander ultron40f2sl…

  6. 岩鏡

    2016年4月22日撮影 新発田市・本田 日本海側では『オオイワカガミ』が多…

  7. 冬 ツグミ

    ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうため…

  8. キジ オス

    過去写真 初掲載以前、キジのメスを掲載したが、今度はオス。メスと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。