ヒシ 拡がり始めた福島潟

3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。

この時期、福島潟で湖面と日の出を撮影するにはここからのポイントでしょう。7月は蓮が咲き出すし、10月頃まではこちら側は賑わうんじゃないかな。

湖面はコウホネの密集域がポツポツ出来始め、ヒシも次第に繁殖域を広げてきたようです。

もうそんな時期になっていたのですね。

いつものことですが、季節の過ぎゆく速さには驚かされます。

少しばかり、湿った霧が漂い始めた頃に太陽が上ってきました。けれども写真は霧による効果でなく、レンズ前面の保護フィルターのハレーションを利用してます。

何となく、ガラス越しに見ている感じがしませんか。

久しぶりに手持ちで撮影してみました。辺りがある程度明るくなったから、三脚もケーブルレリーズも使用しなかった。

この時にケーブルレリーズをなくしていたことなんてつゆとも知らずに。

RVP100 Ai-Nikkor 35 f/2s NikonF3

新潟県知事選挙

前知事が女性問題を理由に辞職。

今回は3人が知事選に名乗りを上げているが、テレビで候補者の政見放送しか聴いていないし、新聞で関連記事も読んでいない。

昔、別の職場で“動員命令”があって、参加した際に、質問しようとしたら運動員に止められたことがあった。誰とは言わないが、『お膳立て』が出来上がってるんだね『決起集会』みたいな類いは。

それはそうと、これから、ちょっと候補者の主張内容を確かめてから投票に出掛けてくる。選んだその人が当選したなら、選んだ側にもある意味“責任”あるからな。

自身のお粗末さにショック

*昨日、会社で仕事が一段落したあと、従業員専用駐車場で草刈り機を操作していたところ、近くに止めてあった社員の車のサイドガラスがパッキ~ンと割れ、粉々に砕け散った。

草刈り機による飛び石に違いない。

草刈りは私がいつも独断でやっていた、なかなば『恒例行事』なんだ。

周辺を注意していなかった俺が悪い。気を抜いてしまった。札が何枚飛んでいくんだろう・・

悔やんでも仕方ない。「二度と起こさない」と、誓うだけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ミヤコワスレをモノサシで計る

雨蛙・祈りの時間

関連記事

  1. 寒くないの~?

     あらら・・寒くないのかな~  スッポンポンだし、大丈夫?日本語で声を掛けて…

  2. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  3. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  4. 福島潟は霧のなか

    今日27日、市内は午後から暖かな陽射しが降り注いでいました。…

  5. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  6. 霜の華

    25日、早朝の福島潟。春間近なのか、雪面が所々で裂けている。『雪割れ』と呼…

  7. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  8. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。