ヒシ 拡がり始めた福島潟

3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。

この時期、福島潟で湖面と日の出を撮影するにはここからのポイントでしょう。7月は蓮が咲き出すし、10月頃まではこちら側は賑わうんじゃないかな。

湖面はコウホネの密集域がポツポツ出来始め、ヒシも次第に繁殖域を広げてきたようです。

もうそんな時期になっていたのですね。

いつものことですが、季節の過ぎゆく速さには驚かされます。

少しばかり、湿った霧が漂い始めた頃に太陽が上ってきました。けれども写真は霧による効果でなく、レンズ前面の保護フィルターのハレーションを利用してます。

何となく、ガラス越しに見ている感じがしませんか。

久しぶりに手持ちで撮影してみました。辺りがある程度明るくなったから、三脚もケーブルレリーズも使用しなかった。

この時にケーブルレリーズをなくしていたことなんてつゆとも知らずに。

RVP100 Ai-Nikkor 35 f/2s NikonF3

新潟県知事選挙

前知事が女性問題を理由に辞職。

今回は3人が知事選に名乗りを上げているが、テレビで候補者の政見放送しか聴いていないし、新聞で関連記事も読んでいない。

昔、別の職場で“動員命令”があって、参加した際に、質問しようとしたら運動員に止められたことがあった。誰とは言わないが、『お膳立て』が出来上がってるんだね『決起集会』みたいな類いは。

それはそうと、これから、ちょっと候補者の主張内容を確かめてから投票に出掛けてくる。選んだその人が当選したなら、選んだ側にもある意味“責任”あるからな。

自身のお粗末さにショック

*昨日、会社で仕事が一段落したあと、従業員専用駐車場で草刈り機を操作していたところ、近くに止めてあった社員の車のサイドガラスがパッキ~ンと割れ、粉々に砕け散った。

草刈り機による飛び石に違いない。

草刈りは私がいつも独断でやっていた、なかなば『恒例行事』なんだ。

周辺を注意していなかった俺が悪い。気を抜いてしまった。札が何枚飛んでいくんだろう・・

悔やんでも仕方ない。「二度と起こさない」と、誓うだけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ミヤコワスレをモノサシで計る

雨蛙・祈りの時間

関連記事

  1. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  2. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  3. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  4. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

  5. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  6. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  7. タカアザミに姫

    垂れ下がったタカアザミの花で吸蜜中のヒメアカタテハ。公園で見…

  8. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の様子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。