冬 シジュウカラ

 樹皮の中の昆虫やかろうじて残った種子を食べに
やって来たのはいいがあまりの吹雪に身をかがめ
じっと堪えているシジュウカラの雄。
 他人の評価は論外として唯一、キャビネサイズにプリント
して長い間、飾ってある。今回、ポジを探し出しスキャン
してコントラストや発色が思った以上に低下していることに
気づきました。窓際の机の上、日焼けが原因かな。
 小鳥にしろ、草花にしろ、物語が生まれてくるような写真
を撮りたいと常々思っているが、いざ対象物を目の前にすると
そんな考えなんかすっかり忘れてしまう。
 どうしたら良い写真が撮れるのだろう。もうじき新潟県展が
開幕する。今年はどんな写真と巡り会えるのかな。
 過去写真  初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

綿毛

額紫陽花

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 金堂の五色幕

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3例祭…

  4. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  5. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  6. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  7. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  8. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。