冬 シジュウカラ

 樹皮の中の昆虫やかろうじて残った種子を食べに
やって来たのはいいがあまりの吹雪に身をかがめ
じっと堪えているシジュウカラの雄。
 他人の評価は論外として唯一、キャビネサイズにプリント
して長い間、飾ってある。今回、ポジを探し出しスキャン
してコントラストや発色が思った以上に低下していることに
気づきました。窓際の机の上、日焼けが原因かな。
 小鳥にしろ、草花にしろ、物語が生まれてくるような写真
を撮りたいと常々思っているが、いざ対象物を目の前にすると
そんな考えなんかすっかり忘れてしまう。
 どうしたら良い写真が撮れるのだろう。もうじき新潟県展が
開幕する。今年はどんな写真と巡り会えるのかな。
 過去写真  初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

綿毛

額紫陽花

関連記事

  1. 春花火

    2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢 民家が向かい合う狭い路地を進むとそこ…

  2. 火星、火山、脳みそ・・

    またまたヘンテコなキノコを見つけた。公園の縁沿い、辺りは芝やらカタバミが生…

  3. 蕾の中のチビバッタ

    膨らみかけた蕾の中にチビバッタを見つけた。フキバッタ・・と呼ぶらしい…

  4. モノサシトンボ

    胴(?)部分に等間隔についた目印が定規の目盛りに見えるのだろう。それ…

  5. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  6. きのこの子?

     キノコの名前は全く分からない。ナメコ汁は家でよく食べるが、もし袋詰めされて…

  7. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  8. 撮って盗られた大岩鏡

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。