冬 シジュウカラ

 樹皮の中の昆虫やかろうじて残った種子を食べに
やって来たのはいいがあまりの吹雪に身をかがめ
じっと堪えているシジュウカラの雄。
 他人の評価は論外として唯一、キャビネサイズにプリント
して長い間、飾ってある。今回、ポジを探し出しスキャン
してコントラストや発色が思った以上に低下していることに
気づきました。窓際の机の上、日焼けが原因かな。
 小鳥にしろ、草花にしろ、物語が生まれてくるような写真
を撮りたいと常々思っているが、いざ対象物を目の前にすると
そんな考えなんかすっかり忘れてしまう。
 どうしたら良い写真が撮れるのだろう。もうじき新潟県展が
開幕する。今年はどんな写真と巡り会えるのかな。
 過去写真  初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

綿毛

額紫陽花

関連記事

  1. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  2. 笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

    「紛れもなくユキノシタ。笹藪のその下で辛うじて息をしていた・・・」見つけた最…

  3. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉が闇夜…

  4. ミツガシワ

    阿賀町・たきがしら湿原5月21日に撮影している。この時点ではちょうどいい咲…

  5. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  6. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。自分の怒りや…

  7. キジ メス

    過去写真 初掲載 カメラ担いで畑の中を歩いていたら、突然、キジの雌が頭をあげ…

  8. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。