やって来たのは・・亀だった

林の奥で何かが動く音

林の縁がユサッと揺れた。視線を注入し、更に露出した肌をアンテナにして、事の成り行きを見届けてていると、もう一度ユサッ、そしてバキッ。

身を屈めて音のする方向を凝視していると、やって来たのは・・亀さん。

熊だったらどうしよう・・なんて考えてもいたから、これにはホッとした。

亀さんは30センチ程の比較的デカイ大きさ。甲羅は黒光りする屋根瓦な感じ。傾く西陽は木々に遮られ、撮影には芳しくない。

1枚撮って、顔の前の葉っぱをかわすため、右に少し体を寄せて撮り直そうとしたところで、顔手足を甲羅の中にすぼめてしまいました。

「そのうち動き出すだろう」と待っていたのですが、もうこちらには近づいてこないのですね。引き返しはしないのですが、明らかに私を避けている風なんです。

撮影は辞めた。

そんなわけで1枚のみの撮影でバイバイしたのでした。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 2日撮影

ほふく撮影

両肘が痛い。今でも痛い。接写用の三脚を持参していなかったから、地面にタオルを丸めてカメラを押し付けて撮影しています。

ブレ防止とカメラボディーの保護でそうしたのですが、私の身なりは半袖だ。

これはまずかった。擦りむいた。虫にも刺された。オロナイン塗っても、寝てる間に掻きまくっている夜が続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コバンソウの素顔

息を吹き返した終い花

関連記事

  1. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。