たぶん『山際 藤子』のポートレート

山藤(野藤)にしては花房が長いみたいな。でも此所は山の際。

花の色は薄紫で公園で見られるあの藤の花のような艶やかさは感じない。それで、ずっと前から勝手に『山際 藤子』と呼んでいる。

この日はこの“藤子”に会う目的でここに来たのではない。

サンコウチョウという目の周りがコバルトブルーで「月・・日・・星・・ホイ、ホイ、ホイ」と聞こえるような鳴き方をする夏鳥を探しにやって来たのだった。

肝心のその野鳥の姿は確認出来なかったが、鳴き声は確かに聞こえてきた。

薄暗い林床から抜け出ると、“藤子”は「ウフッ」ってな姿で私を迎えてくれた。実際はぶら下がっていた・・といったほうが正確なのだが。

不安定な空模様で晴れて陽が射したと思っていると、雨雲が流れてきて遠くでゴロゴロ鳴り出して、雨が降ってくる。けれど、しばらくするとまた陽が射してくる。またまたゴロゴロ鳴り出して、今度はザバ~と雨が落ちてきた。

”山際 藤子”は雨女。

昨年は雨どころか、風まで吹いて、体全体が荒れ狂っていた状態で私を出迎えている。写真に撮られると魂を抜き取られるとでも思っていたのだろう。

今回は天気こそ気まぐれだが、落ち着いた彼女がそこにいる。“髪”も乱れていない。ただ花房という“ヒゲ”がちょっち伸びたような感じだ。

雨が止んだ。風もとまった。写真を撮ることにした。

ファインダーで構図を合わせていて「ん・・?」

これは・・山際 藤子・・で・・ないかも・・

近くで姿形がそっくりな“女”がニヤついた顔して、花房という名の“ヒゲ”を葉っぱの“髪の毛”でなでなでしながらこちらを見ているんだな。

もしかしたら、ホントの藤子はアレかも。

でも、こっちの方が絵になるなぁ~

『山際 藤子』が一気に増えたような、そうでもないような・・そんな感じの山の際なのでありました。そうだ、“藤子”を少し明るめに撮ったのだった。

RVP100 AI-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF3   阿賀野市 5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

首を傾げたスミレの花

朝日と波紋

関連記事

  1. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。