カタクリ

午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。

カタクリは芽が出てから花を咲かせるまで数年かかるという。株の寿命に至っては人間の平均寿命の半分ほどに達するものもあるらしい。

ホントかいな?・・・

正直そう思ってしまうが、ホントらしい(あくまで・・らしい)。

林道沿いの山の斜面、濃い色の個体に狙いを定めて、風が弱まるのを待って、5枚だけ撮ってみた。写真はその中の1枚。

斜面に咲いた花は目の高さにもよりますが、下から覗き込むことが出来ます。

緩い風でもシャッタースピード1/125秒はキツイかな。

レンズの絞り値はそのままで、1段分あげて1/250秒のコマはブレを感じない。でも、画面全体が暗くなったし、花の色はドス紫色に近く、見た目の色と程遠い。

「また来ればいいや」なんて軽く考えていましたが、この日以降は休日と雨がガッツリとタッグを組んでしまい、出掛けていない。

今年の春はことごとく私を避けて通り過ぎた気がします。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  関川村 3月末撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

俺だけ見て!と言うけれど

“観音”すみれ

関連記事

  1. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

  2. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. 岩鏡・・はかない命かな

    2016年4月24日撮影 新発田市・滝沢 22日、小径脇で顔を覗かせていたの…

  5. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  6. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

  7. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

  8. ショウジョウ花火

    ショウジョウバカマの春花火を打ち上げてみました。「夜空に花開く尺玉・・」を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。