カタクリ

午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。

カタクリは芽が出てから花を咲かせるまで数年かかるという。株の寿命に至っては人間の平均寿命の半分ほどに達するものもあるらしい。

ホントかいな?・・・

正直そう思ってしまうが、ホントらしい(あくまで・・らしい)。

林道沿いの山の斜面、濃い色の個体に狙いを定めて、風が弱まるのを待って、5枚だけ撮ってみた。写真はその中の1枚。

斜面に咲いた花は目の高さにもよりますが、下から覗き込むことが出来ます。

緩い風でもシャッタースピード1/125秒はキツイかな。

レンズの絞り値はそのままで、1段分あげて1/250秒のコマはブレを感じない。でも、画面全体が暗くなったし、花の色はドス紫色に近く、見た目の色と程遠い。

「また来ればいいや」なんて軽く考えていましたが、この日以降は休日と雨がガッツリとタッグを組んでしまい、出掛けていない。

今年の春はことごとく私を避けて通り過ぎた気がします。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  関川村 3月末撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

俺だけ見て!と言うけれど

“観音”すみれ

関連記事

  1. RICOH GRⅢx・冷たいコンテナヤード

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

  2. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  3. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  4. 朽ちた煙突

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  5. 残像

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  6. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  7. 杉林の底は温いのだ・水芭蕉

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。