シラネアオイ

昔々、故郷の胎内市で撮影した。

山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなどの群落も見かけていたが、当時はさほど気にも止めず、野鳥ばかり追いかけていたような。

ピックイーと鳴くサシバという鳥が農道脇の杉林に巣を作り、親鳥がヘビを咥えて巣に戻ると、縫いぐるみそっくりな真っ白いヒナが頭をもたげる姿を「今年もまたやって来た」なんて熱心に観察していた。

シラネアオイはそんな場所の際で場違いなような姿で咲いていた気がする。

花の時期はサシバが子育てする頃より実際は早いのだが、花の姿とヒナの印象が強烈に頭の中に残っているから、同一次元と捉えているのだろう。

シラネアオイは園芸種かそれとも自生種かは知る由もなかったが、その姿はどことなく、近づきがたいオーラを放っていて、レンズを向けると罰が当たるんじゃ無いか・・なんて感じていたような。

RVP microLens NikonF3  髪が邪魔なくらいフサフサだった頃の写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販売を中止した

白黒写真・水芭蕉

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  5. 散りゆくまえに

    雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. チューリップ畑-2

    相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。春の気配なんて風雪で…

  8. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。