シラネアオイ

昔々、故郷の胎内市で撮影した。

山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなどの群落も見かけていたが、当時はさほど気にも止めず、野鳥ばかり追いかけていたような。

ピックイーと鳴くサシバという鳥が農道脇の杉林に巣を作り、親鳥がヘビを咥えて巣に戻ると、縫いぐるみそっくりな真っ白いヒナが頭をもたげる姿を「今年もまたやって来た」なんて熱心に観察していた。

シラネアオイはそんな場所の際で場違いなような姿で咲いていた気がする。

花の時期はサシバが子育てする頃より実際は早いのだが、花の姿とヒナの印象が強烈に頭の中に残っているから、同一次元と捉えているのだろう。

シラネアオイは園芸種かそれとも自生種かは知る由もなかったが、その姿はどことなく、近づきがたいオーラを放っていて、レンズを向けると罰が当たるんじゃ無いか・・なんて感じていたような。

RVP microLens NikonF3  髪が邪魔なくらいフサフサだった頃の写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白黒写真・一本の木

白黒写真・水芭蕉

関連記事

  1. 残念な日常・トキワイカリソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  2. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  3. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  4. いっぱい光を浴びなさい

    今のうちに沢山の光を浴びなさい。太陽が照っているうちに思いっきり葉を…

  5. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  6. ヤッホーと微笑むスミレと落ちた男

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  7. 春色バカマ

    里山の斜面に自生するショウジョウバカマを撮ってみました。毎年同じポイントで…

  8. バカマ の うなじ

    RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s Nikon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。