キクザキイチゲ紫花

関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさとだからかな。それとも起伏に富んだ地形や広い雑木林が好奇心を誘うからか。

今年は晴れの日が少なく、かつ休みになると雨や曇りで天候不順。例年だと一番フィルムを使用する季節だが今年は消化不良状態だ。

写真が撮れない分じっくり観察しようと出掛けては自分の両目だけには焼き付けていた。面白いものでカメラを持たないと逆に目にする情報が増える。

キクザキイチゲのムラサキ花は今年は多く感じた。杉木立の根元や平地と斜面の際など少し光り周りが弱いような場所で目立ち、それでいてまとまった株が少ない印象だ。

目に付けていたキクザキイチゲがあった。

青みがかった紫色。曇りで、陽が当たらず半開きで下を向いていたから「今度・・」と思っているうち時期が過ぎてしまった。写真は過去この場所で撮影したキクザキイチゲ。これが今までで此所で目にした一番濃い色と記憶しています。

過去写真 初掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉陰のサギ

ツルシギ冬羽

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 金堂の五色幕

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3例祭…

  4. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  5. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  6. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  7. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  8. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。