キクザキイチゲ紫花・かなり濃い個体だったよ・RVP100&NikonF5

関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさとだからかな。それとも起伏に富んだ地形や広い雑木林が好奇心を誘うからか。

今年は晴れの日が少なく、かつ休みになると雨や曇りで天候不順。例年だと一番フィルムを使用する季節だが今年は消化不良状態だ。

写真が撮れない分じっくり観察しようと出掛けては自分の両目だけには焼き付けていた。面白いものでカメラを持たないと逆に目にする情報が増える。

キクザキイチゲのムラサキ花は今年は多く感じた。杉木立の根元や平地と斜面の際など少し光り周りが弱いような場所で目立ち、それでいてまとまった株が少ない印象だ。

目に付けていたキクザキイチゲがあった。

青みがかった紫色。曇りで、陽が当たらず半開きで下を向いていたから「今度・・」と思っているうち時期が過ぎてしまった。写真は過去この場所で撮影したキクザキイチゲ。これが今までで此所で目にした一番濃い色と記憶しています。

過去写真 初掲載

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

葉陰のサギ・東京社会人生活終えて新潟に戻った翌1988年当時

ツルシギ冬羽・瓢湖裏のため池造成地にシギが飛来した

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む