白黒写真・一本の木

富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。

『NEOPAN100 ACROS』は今年の秋には姿を消す。印画紙も同様だ。モノクロフィルムは発売開始以来82年でその幕を閉じることになる。

報道によるとモノクロフィルムの出荷ピークは1965年とのこと。その後はカラーフィルムに席巻され、最近は当然デジタルカメラの普及で需要が極端に落ち込んだ。

企業は慈善団体でないから、生き残るためにはやむを得ないのだろう。

その事を聞いて当然と思った。事実、フィルム派の私も白黒写真は中学の頃にちょこっと囓っただけなのだから。

しかし、矛盾しているが残念で仕方が無い。アナログ人間にとっては体の一部が削がれ、挙げ句の果てには魂も抜けそうで、落ち着いて本も読めない。

白黒写真を掲載してみた。もっともフィルムはいつものRVP100。

14bit、tif画像でスキャン後、gif画像に変換する前に色素を落としてみた。白黒写真だからgif画像にした。

けれど面白いことに白黒写真に色がのって見えてくるのですね。

眺めていればいるほど。

それはポジの原板色を見ているからなのです。

モノクロ写真は最初からカメラにモノクロフィルムを詰めて撮らないことには本当の意味でのその価値観を見いだせない気がしてきました。

今日は、発泡酒でなくビールを買ってきて、飲んでやる!

キャンディーズが解散した時みたいにポッカリと心に穴が空いた。

その気分を紛らわすのはコレしかない!

*被写体自体はいつもの見慣れた木ですが、ポジは未掲載の物を使用

AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s  NikonF5  3月18日撮影  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いっぱい光を浴びなさい

シラネアオイ

関連記事

  1. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  2. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  3. 夏至の太陽・福島潟

    あれまぁ~! これまた随分と日の出位置が北に寄ったもんです。…

  4. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  5. あかね雲たなびく福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s NikonF…

  6. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  7. ウリャ~

    必死の形相で立ち向かってきたザリ君。地面に突っ伏してカメラを構えたら、激し…

  8. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。