福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販売を中止した

富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。

『NEOPAN100 ACROS』は今年の秋には姿を消す。印画紙も同様だ。モノクロフィルムは発売開始以来82年でその幕を閉じることになる。

報道によるとモノクロフィルムの出荷ピークは1965年とのこと。その後はカラーフィルムに席巻され、最近は当然デジタルカメラの普及で需要が極端に落ち込んだ。

企業は慈善団体でないから、生き残るためにはやむを得ないのだろう。

その事を聞いて当然と思った。事実、フィルム派の私も白黒写真は中学の頃にちょこっと囓っただけなのだから。

しかし、矛盾しているが残念で仕方が無い。アナログ人間にとっては体の一部が削がれ、挙げ句の果てには魂も抜けそうで、落ち着いて本も読めない。

白黒写真を掲載してみた。もっともフィルムはいつものRVP100。

14bit、tif画像でスキャン後、gif画像に変換する前に色素を落としてみた。白黒写真だからgif画像にした。

けれど面白いことに白黒写真に色がのって見えてくるのですね。

眺めていればいるほど。

それはポジの原板色を見ているからなのです。

モノクロ写真は最初からカメラにモノクロフィルムを詰めて撮らないことには本当の意味でのその価値観を見いだせない気がしてきました。

今日は、発泡酒でなくビールを買ってきて、飲んでやる!

キャンディーズが解散した時みたいにポッカリと心に穴が空いた。

その気分を紛らわすのはコレしかない!

*被写体自体はいつもの見慣れた木ですが、ポジは未掲載の物を使用

AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s  NikonF5  3月18日撮影  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いっぱい光を浴びなさい

シラネアオイ

関連記事

  1. 鉛雲

    前日投稿した『桃色雲』からわずか1時間後の景色がコレ。頭上の雲が溜ま…

  2. 葉陰蝶 キチョウ・貴重なカットが撮れて几帳面な俺…

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの煮えた雲…

  3. 静寂な湖面 朝霧に包まれていく小舟・Ricoh …

    ricoh gr3x日の出が近づき、気温が下がってきてるのは体感できたが…

  4. 冬支度 ・ポジフィルムがカラーネガのように発色し…

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  5. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レ…

  6. 和服の似合う女

    2015年9月27日(日)撮影夜明け前、真っ暗な駐車場に乗り…

  7. アキアカネは夢の中・社長室でステテコの夢を見たワ…

    寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  8. 夜の竜巻ハウス 長秒撮影 ブレない工夫・ポジ&N…

    早朝6時過ぎに到着。竜巻ハウスに照明が灯っている。「ガン観察会」があ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。