三角関係

鷹巣キャンプ場にカタクリの花を撮りに来た(31日の話)。

26日の月曜日、一度確かめに来た時は地面に「これ、カタクリの葉っぱじゃねぇ」ぐらいでキクザキイチゲの蕾の間から「わたくし、カタクリになるの」程度だった。

それが31日の午後、陽の当たる場所では盛大に咲き誇っているではありませんか。

なのに1枚も撮らずに帰ってきた。

いや1枚も撮れない・・が正しい。

風だ。

ファインダーで覗き込んでピントを合わせて「ヨッシャ~ッ」とシャッターを押そうとするとタリラリラ~と風がそっと吹いて花芯が揺れる。

それを何度もやられて陥落した。

しかし考えたんだな。

少しぐらいの風では揺れない対象は・・ふきのとう・・それしかないもんね。

めぼしいモデルさんを探してみた。

あった。

開渠といって地面にむき出しの水路の中。

堆積した落ち葉の中から「ウリャ~」と元気良さげに頭をもたげていた。

でかくなりすぎて採って食べる気にもなりませんでしたが、自分の若い頃、大いに悩んだ男女間の「三角関係」を思い出しながら撮ってみた。

左部分が影になってしまったが、こちらの撮る位置を変えてしまうと構図面で均一な三角にならないんだな。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  関川村鷹巣キャンプ場にて  3月31日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

染まれ~ もっと染まれ~!

いっぱい光を浴びなさい

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  4. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  7. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。