三角関係

鷹巣キャンプ場にカタクリの花を撮りに来た(31日の話)。

26日の月曜日、一度確かめに来た時は地面に「これ、カタクリの葉っぱじゃねぇ」ぐらいでキクザキイチゲの蕾の間から「わたくし、カタクリになるの」程度だった。

それが31日の午後、陽の当たる場所では盛大に咲き誇っているではありませんか。

なのに1枚も撮らずに帰ってきた。

いや1枚も撮れない・・が正しい。

風だ。

ファインダーで覗き込んでピントを合わせて「ヨッシャ~ッ」とシャッターを押そうとするとタリラリラ~と風がそっと吹いて花芯が揺れる。

それを何度もやられて陥落した。

しかし考えたんだな。

少しぐらいの風では揺れない対象は・・ふきのとう・・それしかないもんね。

めぼしいモデルさんを探してみた。

あった。

開渠といって地面にむき出しの水路の中。

堆積した落ち葉の中から「ウリャ~」と元気良さげに頭をもたげていた。

でかくなりすぎて採って食べる気にもなりませんでしたが、自分の若い頃、大いに悩んだ男女間の「三角関係」を思い出しながら撮ってみた。

左部分が影になってしまったが、こちらの撮る位置を変えてしまうと構図面で均一な三角にならないんだな。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  関川村鷹巣キャンプ場にて  3月31日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

染まれ~ もっと染まれ~!

いっぱい光を浴びなさい

関連記事

  1. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  2. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  3. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  4. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  5. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  6. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  7. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。