空間と平面

蓮畑の幾何学模様。

風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって僕を楽しませてくれる。

夜明け間もない蓮沼の水面では楕円、三角、四角、しかも大小様々な模様で溢れて、見飽きることはありません。

周りの茎同士が前後で重ならない見かけ上のアイポイントを探し出す必要がありますが、自然が作り出した宝物を見つけるのだと思えば全く苦になりません。

ただし、風がすこしでもあると駄目なんですね。

水面が鏡のように磨かれないと綺麗な影が現れないのです。

一度それをやってみれば分かると思うよ。水面にゆらぎがあると空間とその境目が目立ってくるから。

ファインダーで覗いていると、何処までが“現実”で、どこからが“虚像“なのか、言い換えれば“空間と平面”の区別がつかなくなる。

さらに撮影時に望遠レンズの絞り値を絞り込めば圧縮効果が加わって、“現実と虚構”の圏界を完全に見失うのでありました。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5   14日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春の色/一番

松ぼっくり

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。