空間と平面

蓮畑の幾何学模様。

風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって僕を楽しませてくれる。

夜明け間もない蓮沼の水面では楕円、三角、四角、しかも大小様々な模様で溢れて、見飽きることはありません。

周りの茎同士が前後で重ならない見かけ上のアイポイントを探し出す必要がありますが、自然が作り出した宝物を見つけるのだと思えば全く苦になりません。

ただし、風がすこしでもあると駄目なんですね。

水面が鏡のように磨かれないと綺麗な影が現れないのです。

一度それをやってみれば分かると思うよ。水面にゆらぎがあると空間とその境目が目立ってくるから。

ファインダーで覗いていると、何処までが“現実”で、どこからが“虚像“なのか、言い換えれば“空間と平面”の区別がつかなくなる。

さらに撮影時に望遠レンズの絞り値を絞り込めば圧縮効果が加わって、“現実と虚構”の圏界を完全に見失うのでありました。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5   14日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春の色/一番

松ぼっくり

関連記事

  1. 蓮の葉の上で考える・雨蛙

    100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  2. 蘇る記憶の光り/福島潟

    50歳になった頃から、身近な自然に関心を持つようになった気がする。…

  3. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  4. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。…

  5. ウラナミシジミ

      今朝方に一度Facebookページと連携させて投稿したがどうも変だ。 お…

  6. 寒~い福島潟

    2016年1月24日(日)撮影か? 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、厚い…

  7. 冬の暁

    気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。正面ゲートから歩いて…

  8. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。